みんなあまり使っていない【請求書の処理】が全自動化のカギ

未決済の取引の登録は【自動で経理】が使えません

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使う上で、基本的には【自動で経理】を使い処理を行いますが、【自動で経理】では登録できない取引もあります。現金や預金口座などのやり取りが発生していない状態で、既に商品の引渡しやサービスの提供が完了しているものです。いわゆる決済がされていない【未決済取引】は、【自動で経理】の機能を使って登録することは出来ません。

※下記動画のテキストはこちら

【未決済取引】は請求書の発行→入金→消込で完了

このような未決済の取引については【請求書の発行】機能を使い、登録したデータを流用する形で取引登録が自動で行われます。そして請求書を作成する場合には【入金予定日】を入れることで、後の入金の履歴は【自動で経理】により、自動的にマッチングされます。
未決済の取引の登録から入金による消込作業が一連の流れとして完結するという仕組みです。

請求書の発行と受取

請求書については次の2種類が挙げられます。
1.売上などで自身が発行して代金を受け取る場合
2.請求書を受け取り支払う場合
これら2つのケースが想定されます。

1.請求書を発行する場合

できれば下図のようにfreeeの【請求書の発行機能】又は【連携サービスのMISOCA】を使って請求書の発行を行なうことをお勧めします。

2.請求書の受取をする場合

実際の登録作業は別ページで紹介している【取引の登録】から登録する方法になります。

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービス

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービスです。
丸投げはもちろん決算のチェックのみ、自力で確定申告を行いたい方まで、幅広くサービスを提供しています。
ぜひ、ご検討下さい。

サービス内容はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る