廣升建生税理士事務所サイト

12取引の記録は【自動で経理】で全自動化 [日々の登録]

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

freeeで全自動化の醍醐味は【自動で経理】

【自動で経理】のメリット 大部分の情報を用意してくれる

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の登録で一番のメインとなる機能は【自動で経理】です。他ページでも触れましたように、経理業務を全自動化する為にはいかにして自動で経理業務を行うのかが極めて大事な点です。【自動で経理】にデータを集めることができれば、日々の取引登録は極めて単純な作業になります。
下の図がfreeeの【自動で経理】機能の登録が面です。下図のキャプチャーのように【自動で経理】の登録段階では、既に自動で日付・金額・取引内容の情報を取得してくれています。利用者が設定すべき作業は勘定科目だけという状態まで、登録作業を事前に行ってくれるのです。

※下記動画のテキストはこちら

また複数の勘定科目を設定する場合は、詳細登録から行います。

※下記動画のテキストはこちら

【自動で経理】とは設定をするイメージ どんどん賢くなってきます

【自動で経理】では取得した取引内容に基づいて唯一必要な作業【勘定科目の設定】すらも自動で推測してくれます。例えば
● ○○ホケンガイシャ ⇒ 保険料
● □□シンブンシャ  ⇒ 新聞図書費
と言ったような推測ですが、これは日々の取引登録を進めていく中で自動の登録ルールとなりどんどん賢くなって行きます。この【設定】という機能が従来の会計ソフトとは異なるところです。

※下記動画のテキストはこちら


他の例もあります。
得意先などの固有名詞に対しても勘定科目の推測機能が適用されます。同じことを何度も入力する手間を軽減できますからとても便利です。日々の登録作業は『登録を重ねることで全自動化されていく』これが【自動で経理】の最大の特徴なのです。

廣升 健生/大島 克之

※下記動画のテキストはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2014 All Rights Reserved.