freeeで銀行の明細を自動で取り込みましょう

自動でデータを取得する【自動同期設定】

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使い経理業務を全自動化するには【自動で経理】の機能を使って取引の登録を行ことが重要です。その【自動で経理】を行う為は取引の明細をデジタルデータを取得する必要があります。そこで必要なのことが金融機関やクレジットカード会社と連動する自動同期設定を行うことです。
下の図のように、使用している金融機関の情報及びネットバンキングの口座情報、ログインIDなどを入力して設定を進めて行きます。[freeeで全自動化マニュアル]MFクラウド クラウド会計ソフト by廣升健生作成077

[freeeで全自動化マニュアル]図解103

※下記動画のテキストはこちら

自動同期は必須ではありません

登録画面で一番の留意点は、3の【自動同期の有無】の選択です。自動同期機能は確かに【経理の全自動化】の為には大変有効な機能ではありますが、自動同期機能は必須事項ではありません。
自動同期に対応していない金融機関もあります。
同期設定に不安がある人や必要ながいと思う方は、【同期なし】を選択しても問題ありません。
別のページで解説している【明細のアップロード】を駆使して【自動で経理】の機能を使うことも可能です。

[freeeで全自動化マニュアル]MFクラウド クラウド会計ソフト by廣升健生作成081

 ※下記動画のテキストはこちら

金融機関から取得するデータは3つです

自動同期機能によって金融機関などから取得するデータは取引の明細です。
次の3つの情報が自動で同期されます。
1.取引の日付
2.カタカナなどで表示される入金の相手先などの内容
3.取引金額
freeeで取引の登録を行う為に必要な情報だけが、同期されるようになっています。
同期した金融機関からの融資の情報や事業の情報など、freeeの取引登録を行う為に必要がない情報が同期されることはありません。

廣升 健生/大島 克之

[freeeで全自動化マニュアル]MFクラウド クラウド会計ソフト by廣升健生作成083

※下記動画のテキストはこちら

銀行口座と自動同期の相性の件

ブログ村誘導タイル

11月に全国4ヶ所でセミナーを開催します。

大好評だった10月の全国セミナーに続き、11月も全国4ヶ所でセミナーを開催いたします。
今回は自主開催で、前回よりも更に事務所の効率化事例を細かく紹介いたします。
セミナータイトルは『会計事務所の生産性向上にクラウド会計は必要ない!?ワンクリックオペレーションのススメ』です。
せひ、ご参加ください。

セミナーの詳細はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る