廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

税理士試験直前期は受験予備校での順位が気になってしまうが気にしない方が良い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top04

税理士試験直前期は受験予備校での順位が気になってしまうが気にしない方が良い

一般クラスで勉強を始めると、本格的な答練時期には、受験予備校の中の順位はどうしても停滞期に入ってしまう。

理由は単純。この時期からは、本試験対策用に実施する答練が学習初学者と受験二年目以降のリベンジ組の全員の実施になるため、学習初学者にしてみれば、一般クラスではトップ圏内に入っていたのに、突然上位30-40%位になってしまったりする。

082受験予備校での順位が気になってしまう 【直前期は気にしない方が良い】
もちろん、一般クラスの学習者でもリベンジ組に割って入って上位数%に食い込む人もいるが、自分は上位20-30%位が関の山だった。

結論から言うと、学習初学者で一般クラスで勉強をしているのであれば、直前期の順位は30-40%でも十分。逆に、リベンジ組はやはりコンスタントにトップ20%以上で推移しないと厳しい。
(書きかけ)これから書くこと ただ、受験予備校の%よりも大事にしなければいけない指標がある という話 

⇒次は消費税法の総合問題の勉強方法です

次の話05

体系図に戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.