廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

52 クラウドツールを活用する グーグルドライブ [共有]

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

freeeとグーグルドライブは相性抜群

Googleドライブは攻めのストレージサービスである!

会計ソフトをクラウドするのであれば、運営していく上で生じてくるファイル管理も同様に、共有できる環境を整えるとより効果的です。その場合におすすめするのが【Googleドライブ】です。Googleドライブについては、オンラインのストレージサービスとして既に使用している方も多いと思います。【データの保存のみ】のサービスであれば、Dropboxの方が、細かい点で使いやすいというのが私の印象です。ただそれでも【Googleドライブ】をおすすめしたい理由は、Googleドライブにはオンライン上で操作できる独自のオフィス系ソフトがあるからです。
MFクラウド 対応 税理士0000

上記図をご覧頂くと分かりやすいのですが、【Googleドライブ】ではソフトを常に情報を共有しながら作業を進めることができます。その為【Dropbox】があくまでデータの保存に特化している【守りのストレージサービス】であるのに対して、【Googleドライブ】は進行形のビジネスを円滑に進めることも出来る【攻めのストレージサービス】であると言えます。

MFクラウド 対応 税理士0001

【Googleドライブ】と【freee】は、性質が似ています

そう考えると【Googleドライブ】と【クラウド会計ソフトfreee(フリー)】はデータを常に共有出来るクラウドという共通点があると言えます。従来の会計ソフトがあくまで発生した事象を記録するだけの【守り】の機能であるのに対して、freeeの場合は請求書の発行による将来の入金管理及びその後のマッチングなど、最前線のビジネスの流れを円滑にする為の機能が備わっているという意味で【攻め】の会計ソフトということが言えそうです。

まとめ

freee⇒最前線のビジネスの流れを円滑にする為の機能が備わっている【攻め】の会計ソフト
従来の会計ソフト⇒あくまで発生した事象を記録するだけの【守り】の会計ソフト
freee社の代表・佐々木大輔氏は元Googleの方ですが、やはり会計ソフトにもプロダクト開発哲学がGoogleのサービスと近いと実感します。

MFクラウド 対応 税理士0003

廣升 健生/大島 克之

 ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2014 All Rights Reserved.