freeeを使う前に済ませたい青色申告の申請手続

青色申告の承認申請には、提出期限があるので注意が必要です。例え許可されたとしても適当な申告を続けると青色での申告を取り消される場合もあります。

重要)まず始めに【青色申告の承認申請書】を提出します

「確定申告の為に日々の取引登録をクラウド会計ソフトfreee(フリー)でしっかりと行なう。」これは青色申告に限らず、とても大切なことです。しかしその前にやって頂きたいことがあります。それは青色申告の承認申請書を所轄の税務署に提出することです。freeeを使い正確に取引を登録して貸借対照表や損益計算書をきちんと作成しても、税務署の承認を受けなければ青色申告を行なうことができません。

青色申告書の承認申請書には、提出期限があります。青色申告の適用を受けようとする年の3月15日までに提出しなければなりません。例えば、2015年1年分の申告は、翌年2016年3月15日が提出期限になります。この2015年3月15日迄の申告分で青色申告を受けたいのであれば、提出期限は2014年3月15日迄となります。また新しく事業を開始した場合には、事業開始日から2月以内に青色申告の承認申請書を提出しなければなりません。

MFクラウドで青色申告08

青色申告の承認は、受けていたのですが・・・。

青色申告の承認申請書提出は、個人事業の場合はほとんどの人が行っています。
ところが法人の場合、事業開始時に青色申告の承認は受けたものの、今までかなり適当に計算して申告をしていたという場合、青色申告の取り消しを受けることがあります。そうなると65万円の控除が受けられなくなってしまいます。
MFクラウドで青色申告09

 

そうならないためにも、freeeでしっかりと取引を登録していれば65万の所得控除を始めとした青色申告の特典を受け続けることができます。

 

 

 

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービス

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービスです。
丸投げはもちろん決算のチェックのみ、自力で確定申告を行いたい方まで、幅広くサービスを提供しています。
ぜひ、ご検討下さい。

サービス内容はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る