freeeを使えば面倒な未回収代金の消込作業は不要です

未決済取引の管理

【請求書の発行機能】や【取引の登録】で、未決済の取引を登録する際には、入金や出金の決済予定日を必ず入力するという解説を別のページで行っています。(参照:freeeで請求書を発行してみよう)
未決済で登録された取引について、ビジネスの流れとしては決済予定日の前後に入金又は出金されることが予想されます。この作業についてクラウド会計ソフトfreee(フリー)では、自動のマッチングにより消込の候補を表示してくれます。

MFクラウド 対応 税理士_ページ_05

マッチング候補が表示されます

マッチングは下の図のように【入出金予定のマッチ】という形で、マッチ候補を出してくれます。
候補としてマッチングされると、取引明細の内容と請求書で設定したタグや勘定科目と照合が出来ます。正しいマッチングがされているかどうかは、金額と取引内容のチェックで照合が可能です。

MFクラウド 対応 税理士_ページ_06

【未決済の発行】と【自動で経理】のセットが一番楽な方法です

【自動でマッチング】による未決済取引の消込作業ができると、経理上の一連の流れが完成します。
請求書を発行→未決済の取引登録→入出金による決済、この流れは基本的な会計ルールに則った一連の取引で、ここまでがfreeeの中で完結できるセットになっています。

従来の会計ソフトを使うと、こうなります。
1.請求書を送付した時に自分自身でその事実を把握
2.その都度取引の登録及びその後の消込までの管理を自身で行う
また個人事業主に会計の説明をしている本では、期中は決済の事実を会計処理に反映する現金主義、決算の期末のみ未決済の取引を登録する方法もアリといった方法を勧めていることもあります。

上記でご紹介した一連の流れに基づいて経理業務を行うことが、手間なくかつ会計のルールにも正しく処理がされているという一番最適な運用管理の方法であるということが、理解頂けると思います。

廣升 健生/大島 克之

MFクラウド 対応 税理士_ページ_07

 

今年の確定申告は勉強して自力で頑張る?それとも外注する?

廣升健生税理士事務所では確定申告のサービスを提供していますが、「是非とも、うちにご依頼ください!」とは言いません。自力でできる方は、税理士に頼まずに、是非自分で取り組んでみてください。
さて、あなたはどっちのパターンで確定申告しますか。

今年の確定申告はどっち?詳しくはこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , , , , ↑上に戻る