廣升建生税理士事務所サイト

税理士試験に一年一発合格のための【一般コース】のススメ なぜ一般クラスがいいのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

top02

一年一発合格のための【一般コース】のススメ なぜ一般クラスがいいのか

受験予備校の用意するカリキュラムには、初学者に対して、ベーシックな論点をしっかり押さえて合格を目指す一般コースと、ベーシックな論点を年内や年明け早いうちに教え込み、2年目以降の受験生が行う演習中心のコースにシフトする上級直結コース(受験予備校によっても、近年ではコース名も違うので名称は自分の受験当時のもの)というものがある。(現在は更に複数のコースがあるようですが)
自分はすべての科目について一般コースで受講し、簿記論、財務諸表論、法人税法は受験初年度一発合格をした。
勉強できる自慢の方は別だが 個人的には一般コースをおすすめする。

033一年一発合格のための【一般コース】のススメ なぜ一般クラスがいいのか税理士試験の勉強方法
理由は2つ。ひとつは、鶏口牛後というように、牛のしっぽである位ならニワトリの頭でいたほうがいい。一年目になまじっか受験数年目の上級者と日々の勉強をして、自分の勉強の進捗に落ち込むくらいなら、ヨーイドンとスタートランが同じ受験生の中で上位にいて、モチベーションを高めながら勉強をした方がよい。

もうひとつは、本試験の合否を左右する学習内容は、殆どの場合一般クラスで勉強する論点だから。
税理士試験の合否は勉強している範囲が広いかどうかではなく、与えたれた問題に対していかに正確に解答できるか、にかかっている。
そうすると、上級直結コースは受験予備校が提供してくれる論点は広くなるが、論点の戦線を拡大しすぎて、押さえるべき基本の論点の足元がぐらついてくる。
これでは絶対に合格しない。自分は一般クラスで勉強しているときは自分の能力の身の程も知っていたいので、人より広範囲の学習内容を確実に消化できない確信があった。そのため、戦う武器は一般クラスの項目で十分。上級コースで触れる論点が出題したら バンザイして帰ってこようと思っていた。
結果は、やはり一般クラスの論点が合否を左右したため合格した。 (書きかけ)

次は一年一発合格のための【一般コース】のススメ 本試験編の話です

04-03
体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2011 All Rights Reserved.