廣升建生税理士事務所サイト

税理士試験受験二年目消費税法の敗因検証

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

top08

税理士試験受験二年目消費税法の敗因検証

計算はどう考えても合格ラインは超えていると思うので、理論に問題があったと思われる。
合格ラインの判定はB。

理論で、国内取引の判定について一つ一つの事例に解答する形だったが、それまでの消費税法の問題の多くは、消費税法の論点について理論サブノートの内容をベタ書きする形式の問題が多かったため、その回答についても論点に対する解答を1-2行書き、該当する条文を網羅的に書いて、条文の根拠はこの中に入ってますよ!というスタイルで解答した。

おそらくそれがダメだった。翌年から自分も税理士講座の講師になり、出題者のキモチも少しは理解できるようになったら、そのような解答用紙は即座にアウトだと思った。

試験問題の解答用紙というのは、試験委員と、受験生との対話なのだが、自分の受験2年目の解答のやり方は対話になっていない。それが一番の敗因。(書きかけ)

⇒次は日商簿記一級の敗因分析 解きまくれば合格すると錯覚編です

次の話09

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2011 All Rights Reserved.