廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

税理士試験受験2年目以降の勉強法 理論暗記 自分用の理論カリキュラムの作り方 その3

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

受験2年目以降の勉強法 理論暗記自分用の理論カリキュラムの作り方 その3

その2で紹介した理論進捗度を時間で図る際に、何をもって理論を覚え直したかのラインを引く必要がある。理論暗記で一番重要なのは、何をもって覚えたか、という事を明確にすること。
計算問題のように丸をつけることが出来ないため、そこ大事。受験予備校の理論テキストの片面をソラで言ってみる。

言った内容はボイスレコーダーで録音して時間を測る。受験2年目の刷り直し初期なら、片面3分くらいを暗記出来たの目安にするといい。

本試験レベルだと、1分半くらいで言えるレベルまで暗記レベルを高めるべきだが、刷り直し初期だと厳しいハードルや様々な弊害がある。との弊害は…(書きかけ))

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.