廣升健生の頭の中を発信するメディア

税理士試験の科目合格者が陥りがちな世間が狭くなる話 体験談

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top01

科目合格者が陥りがちな世間が狭くなる話 体験談

自分が税理士の科目合格者時代の体験談。
税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税、固定資産税の4科目合格、ラスト消費税を残すのみの時。合コンで税理士試験の概要や4科目とってあと一歩な話をしても、
「結局のところまだ税理士ではないのですよね?」といわれて、何も言い返せなかった。
税理士試験の科目合格って、確かに一歩会計業界の外に出れば意味が無いのは分かっているけど、会計業界にいると簿、財のみ合格者よりは待遇もいいし、優越感に浸れる。完全に夜郎自大だが、外に出ると相手にされない。でも会計業界にいると、少しだけ悦に浸る事ができるというのが、交友関係にも影響する。どうしても居心地のいい人と付き合いたくなって、会計業界の知り合いでつるむようになる。それがいろいろな可能性を狭めてしまう。(書きかけ)

⇒次は税理士試験や資格試験に適している人、そうでない人の話です

次の話02

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.