廣升建生税理士事務所サイト

03請求管理事務の全自動化 [ガイダンス]

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

freeeで請求管理事務を全自動化する

意外と時間をとられてしまう請求管理業務

請求書は次の2種類に分けられます。
得意先家売上金を請求する請求書
仕入先などから受け取る支払う為の請求書
このように、得意先や仕入先など相手のある業務が請求管理業務です。
個人事業主であれ大企業であっても、最低月に1回以上は請求管理業務を行います。

得意先へ請求書を発行する場合

1.取引内容や金額を確認して請求書を作成する
2.作成した請求書へ捺印
3.請求書の封入と宛名書き
4.そしてポストへ投函する
5.入金の確認
仕入先などから受け取った請求書の場合は、支払い漏れの有無のチェックが必要です。請求管理業務には、このような作業工程が発生しています。”請求管理業務とは意外と時間をとられてしまうもの”個人事業主や小規模事業者の方々の中には、そのように感じていらっしゃる人も少なくはありません。クラウド会計ソフトfreee(フリー)の請求管理機能を有効活用すると、請求管理業務を最低限の手間に抑え、全自動化することが出来ます。

請求書の発送や入金管理を全自動化

freeeを使うことで全自動化できる!?

その全自動化の詳細は、下図のようなイメージです。
作成した請求書の発送及び、その後の入金管理業務を全自動化させます。

請求書発行業務について、現実では多くの方々が表計算ソフトを使用しています。
テンプレート化された雛形に得意先の情報や請求金額を記載し、請求書を発行するという方法です。

freeeの請求書発行機能や他の連携サービスを活用すると!

請求書の作成から発送業務及び、その後に行う入金管理までを全自動化することができ、その利便性から利用者が急増しています。

※下記動画のテキストはこちら

廣升 健生/大島 克之

請求管理の○○の精度が低い件

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2014 All Rights Reserved.