Misocaさん高性能な請求書機能でfreeeを助けてあげて下さい!

Misocaとの連携も可能!freeeと連携しても効果は同じです

クラウド会計ソフトfreee(フリー)が連携をしている請求書の発行サービスMisoca(みそか)を使っても、freeeの請求書発行機能と同様の効果を得ることができます。下の図のようにfreeeの請求書発行業務をMisocaで行い、そのあとにfreeeと連携させることで、未決済の【取引の登録】及び【入金予定の管理】【消込のマッチング】までを行なうことが出来ます。
Misocaで請求管理を行っても、freeeを使って請求書を発行したあとの会計データとの連携効果は全く同じです。freeeで全自動化マニュアル,クラウド会計ソフト,MFクラウド,税理士,対応_ページ_017

Misocaからfreeeへ登録される未決済取引の内容

Misocaからfreeeへ登録された未決済の取引は、下図の様になっています。Misoca側で記載した請求書番号や請求先の情報も【備考タグ】として登録されます。【取引登録】した後の確認等の作業についても、同様に行なうことが出来ます。

freeeで全自動化マニュアル,クラウド会計ソフト,MFクラウド,税理士,対応_ページ_018

freeeを使うへき?それともMisocaを使うべき?

今までの話しを踏まえた上で、【freeeの請求書発行機能】を使用するのか【Misocaの請求書発行機能】使用するのか?悩みますよね。ここで単純な機能の比較をしたいと思います。

Misocaのメリット

・郵送代行
・源泉徴収税の自動計算
・テンプレートが豊富
このようにMisocaは専用の請求書発行サービスらしく、機能が充実しています。

Misocaのデメリット?

PDF送信しか使用しなければ、無料で使えますが、郵送代行などは有料です。

freeeとMisocaの共通点

freeeの請求書発行機能は、Misocaと同等レベルの基本的機能を十分備えています。

freeeのメリット

freee内にある請求管理機能を使う訳ですから、操作画面の切り替えなどは行い易いといえます。

まとめ

どちらも取引先データもCSV取込が可能です。
まずはfreeeの請求書発行機能を使ってみるのが良いでしょう。使いたい機能について不足するものががあれば、取引先データをMisocaに引っ越しして連携させるというのが、一番良い方法かと思います。

廣升 健生/大島 克之

freeeで全自動化マニュアル,クラウド会計ソフト,MFクラウド,税理士,対応_ページ_019

請求管理の○○の精度が低い件

ブログ村誘導タイル

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービス

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービスです。
丸投げはもちろん決算のチェックのみ、自力で確定申告を行いたい方まで、幅広くサービスを提供しています。
ぜひ、ご検討下さい。

サービス内容はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , ↑上に戻る