現金入力だって工夫次第で全自動化できる!

ここは工夫次第 現金決済の登録はどう全自動化する?

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使う上で、現金決済に対する【取引の登録】の手間をいかに最小限に押さえるかを考えるのは、皆さんの腕の見せ所です。現金決済が必要な取引の明細とは
・レシート
・手書きの領収書
・自分で作成した出金伝票など
これらの現金決済が必要な取引自体は残念ながらデジタルデータのままfreeeに取り込むことが出来ません。何かしらの方法で、アナログのデータをデジタルに変換する作業が必要になります。その際にアナログのデータ(現金決済の取引)をfreee内に「ただ登録するだけ」と考えるのではなく、「より効率的な方法はないか?」を考えることが大切です。

用途別に分けて、自分の環境に最も最適な方法を考えよう

紙ベースのアナログデータ(現金決済取引)をデジタルデータに変換する作業は、主に次の3つです。(下図参照)
1.表計算ソフトでCSVデータを作ってしまう
2.スマホの家計簿アプリを活用する
3.freeeの【取引の登録】から登録する
1と2はfreeeの外側でデジタル化する方法です。外部でデジタル化されたデータは【自動で経理】を使うことでfreeeに取り込むことが出来ます。勘定科目の設定などは、作業が進めば自動化も進みます。
3の【取引の登録】を使う方法は、あくまで一つ一つを自力で入力する従来の会計ソフトとやり方は同じです。この方法は、入力数が少ないケース意外ではお勧め出来ません。
freeeで全自動化マニュアル,クラウド会計ソフト,MFクラウド,税理士,対応_ページ_003

ここが腕の見せ所 デジタルデータはそもそも存在しているハズ?

CSVデータを作成しようと思った人は、その前に少し環境を見直してみて下さい。既にデジタルデータが、何かしらの形で存在していいるかもしれません。一定規模の企業以上であれば、組織内で経費精算の為にスタッフが定期的に経費精算書などをデジタルデータで作成している場合が多いです。もしもそのようなデータがあった場合には、行と列を加工整理することで既に作成されていたデジタルデータを最小限の手間で二次利用することが可能です。現金入力をする際には「デジタルデータが既に社内に存在しているか?」をの確認をしてみて下さい。

freeeで全自動化マニュアル,クラウド会計ソフト,MFクラウド,税理士,対応_ページ_004 廣升 健生/大島 克之

レシートの便利な入力方法の件

ブログ村誘導タイル

今年の確定申告は勉強して自力で頑張る?それとも外注する?

廣升健生税理士事務所では確定申告のサービスを提供していますが、「是非とも、うちにご依頼ください!」とは言いません。自力でできる方は、税理士に頼まずに、是非自分で取り組んでみてください。
さて、あなたはどっちのパターンで確定申告しますか。

今年の確定申告はどっち?詳しくはこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る