廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

税理士試験に合格しなければ恋人は去っていく話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top04

税理士試験に合格しなければ恋人は去っていく話

いつの時代も、強い男子には女子が集まるし、弱ければ集まってこないもの。今の時代だったら、やっぱり稼ぎのある男子には女子が寄ってくるし、その逆もある。
税理士試験の試験勉強を始める前に、恋人がいたらその彼女とは別れる覚悟で勉強を始めたほうが良い。

その彼女と結婚でもしたいなら、悪いことはいわない、税理士試験の勉強を始めないほうが良い。受験勉強を始めるときはそりゃ、応援すると言ってくれるだろう。

ただ、税理士試験は長丁場。特に20代から30代前半ぐらいで勉強するなら、女性は結婚や将来を男子以上に意識する。その時に受験生では、女性の人生設計に疑問を持つのも当然だ。
自分もパン屋時代からの恋人は、日商簿記一級で3回不合格のあたりで関係がギクシャクしてきて、そのまま終わりを告げた。

103資格試験に合格しなければ恋人は去っていく話
仕事をしながら受験をする際のハードルの話と同じで、将来を見据えつつ短期的な成果を提供できないと、恋人は去っていく。恋人が悪いのではない。試験で結果を出さない=恋人に明るい未来を見せることが出来ない自分が悪いのだ。一方、結婚をしているなら、ある程度中長期的な目標を目指して価値観を共有できると思う。

仕事しながらの勉強でも合格する人は、家族や子供がいる人が多い。家族サービス等の時間で勉強する時間の確保が大変なのでは?と思うし、結局そちらに割く時間を言い訳に勉強を諦める人の方が多いが、合格した人から話を聞くと必ずといって良いほど、まずは家族に中長期的な展望を話して価値観を共有し、勉強する環境をバックアップしてもらっている。

やはり、自分の一番の理解者とは、同じビジョンを共有できないと辛い。結論 税理士試験の試験勉強は恋人はバツ 結婚は理解してくれるならマル (書きかけ 体裁整える)

⇒次は税理士試験はあきらめ時も肝心という話です

次の話05

 

体系図に戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.