廣升建生税理士事務所サイト

税理士試験に合格の為の一番のスキルは 自分の身の程を知ること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

top5

税理士試験に合格の為の一番のスキルは 自分の身の程を知ること

自分が税理士試験に合格する事が出来た一番の要因は何かと聞かれれば、【自身の能力の身の程を冷静に判断できる客観視】だと思う。
自分の身の程を知ること。
前述の、トップ1%を目指さずにトップ9.99%の勉強をするというは、自分にはそれしか戦略がなかったからだとも言える。
正直、自分の勉強スペックは決して高くない。
税理士試験において、東大生は周りにいなかったが、それなりに子供の頃からの勉強自慢でならした猛者たちはわんさかいた。
だから、真っ向勝負をしてたら絶対に敵わない。

004税理士試験に合格の為の一番のスキルは 自分の身の程を知ること
試験勉強をしているとすごくわかるが、トップ10%に入るのは大して難しくない。むしろ、簡単お茶の子さいさい。
ただし、トップ10%からトップ1%に入る、上澄み9%をかき分けていくのが極めて大変。
トップ10%に入る勉強時間の数倍。さらにそもそもの勉強の才能(スペック)によるものが大きい。
そこを、自分のスペックを見誤ってトップ1%で合格を目指すような無謀な勝負を仕掛けていたら、絶対合格しなかったと思う。
自分の合格ノウハウは、40代くらいから敗戦知らずで合格したような類のノウハウではない。
そういう人はもちろんいるし、話にストーリーがあるから合格ノウハウを書きたがるが、自分に言わせれば、やっぱり【元の勉強スペック】が高いのだ。
そうではなく、【ぼちぼちの勉強スペック】でどう合格を目指すのかを開示したい。だから時には悲観的。そもそも税理士試験受ける必要ありますか?というところまで話が及ぶのだ。
(書きかけ)・受験勉強をしてきた人たちでも得手不得手の勉強があるはず など 追記

次は税理士試験を合格したモチベーションとはなにかという話です

次の話01

体系図に戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2011 All Rights Reserved.