廣升建生税理士事務所サイト

税理士試験の計算問題の解答の順番は?上から派、下から派?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

top02

税理士試験の計算問題の解答の順番は?上から派、下から派?

総合問題を解答する際は、最初に最低限確認するべき論点、例えば会社名や、資本金の額、消費税法であれば基準期間の課税売上の金額の判定、組織再編の有無などを確認した後は、上から解くのが基本。

出来る所から解答するはダメ。ただし本試験は絶対の捨て項目(初出題で、殆どの受験生は解答不可能な論点)が存在する。その際は、三行革命のルールに従い、捨てる印をつけて次にいく。基本上からベタに解答しつつ、自分自身の能力に従ってスルーしながら解答する。これを『ベタスルー解答法』という。(書きかけ)

080計算問題の解答の順番は?上から派、下から派?税理士試験の勉強方法

本試験当日に持っていかない理論はいつ捨てる?

次の話03

体系図に戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2011 All Rights Reserved.