廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

税理士試験の本試験当日に全力を出すための集中勉強法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top10

税理士試験の本試験当日に全力を出すための集中勉強法

・本試験は2時間であるため、体に覚えさせる事が大事。
・2時間があっという間と感じるくらい集中出来る心と体を作るべきである。

上記の話はそりゃそうだ。。。笑

それをどうすればいいかを提案しないと。。。。

ケータイは手元に置かず、ロッカーに入れて置く。とか常識かも。。。。

自分がやっていたのは、

科目を細切れにして勉強していた。

法人税、消費税、固定資産税の2年目は、

前日にコピーしたそれぞれの科目の問題を、混ぜて解答していた。

順番としては、法人税7、消費税2,固定資産税1 くらいの割合で。

頭を使うし、難解なのは法人税。

課税の分類などを知っているか知っていないかの判断が必要な 消費税

最初の資料把握さえ済めば、後は正確に電卓を叩いてひたすら書く!頭は使わない 固定資産税

と、科目ごとに脳みそに負荷がかかる科目と、フィジカルに負担がかかる科目があるので、

その科目について問題をシャッフルすることで、集中力が途切れない様に工夫をした。

問題をシャッフルしていると、固定資産税の解答時間は脳みその休憩時間になるので、集中力がかなり持続出来てオススメ。

⇒次の話は税理士試験受験生は元旦は勉強して○○に休め!です。

次の話11

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.