廣升建生税理士事務所サイト

税理士試験の理論暗記に才能は必要なし。繰り返すだけ。問題はどうやって繰り返したくなる仕組みを構築するか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

top02

税理士試験の理論暗記に才能は必要なし。繰り返すだけ。問題はどうやって繰り返したくなる仕組みを構築するか

最初に断っておきますが、自分は特段暗記が得意というわけではありません。
むしろ大嫌いで大の苦手。ところが、受験予備校の講師をしていた時には、暗記するページを写真の様に頭の中に焼き付けて一瞬で覚える事ができるという方がいました。【本当かな???と勘ぐっていましたが。。。。】
その人が本当にその様な能力があったのかはともかく、自分には決してそのような特殊な能力はありません。
もしその様な能力がそもそもあったのなら、10代の頃から神童として、頭脳明晰で大学受験もし有名大学にも入っていたと思います。
中学生時代には、古典の授業で【春はあけぼの】を暗記するという宿題が出されたことがありましたが、当然暗記することは出来ませんでした。
(検索で調べた結果 【春はあけぼの】の文字数は 400文字程度。。。)
したがって自分が実践した暗記方法は、決して突飛な暗記の方法ではなく、聞けば極めて王道の暗記の方法ですが、明日から誰でも実践できる方法でもありますので、理論暗記で苦労している方は一つでも二つでも実践してもらえると効果が出ると思います。

次はシリーズ税理士試験理論暗記。新規の暗記は階段方式と達成感です

次の話03
体系図に戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2011 All Rights Reserved.