廣升健生の頭の中を発信するメディア

税理士試験の合格体験記をどう活用するかが鍵 概念編

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

69税理士試験合格者の勉強時間は参考までに6

税理士試験の合格体験記をどう活用するかが鍵 概念編

自分が税理士試験の受験をしていた頃(2002年〜2006年)は、インターネットは普及しだしていたけれど、今ほど皆ブログをやっていなかった為、合格体験記の類は受験予備校のパンフレットに書いてあるものや、短期間で合格した方の出版された勉強メソッド的な本ぐらいだった。だから今とは比べ物にならないくらい情報量は少なかった。

ただし少ない情報でも、合格体験記は日々の勉強をする上でとても有効だった。特に税理士試験の初年度は役に立った。それまで日商簿記の一級を勉強していたが、この試験は半年に一度本試験があるため、さほどスケジュールを意識しなくてもがむしゃら感で勉強できたが、税理士試験は1年に一度であるため、先人たちの勉強の仕方はとても参考になった。

自分がまずやっていたのは、とにかく合格体験記の類で集められる情報は、可能な限り集めること。

そして、とりあえず全て読んでみる。読んでみると、受験専念なのか、仕事をしながらなのか、一日何時間の勉強で合格したのか等の情報がわかる。更に、それぞれ与えられた環境の中での創意工夫の勉強方法があるが、その人独自の勉強法もある一方で、かなりの部分の勉強方法は最大公約数的に共通しているのがわかってくる。

例えばサッカーで考えると、ゴールの中にシュートするには、ある程度共通のフォームがあるが、ボールをゴールの外に蹴るなら、どんな方法でも可能だ。
いわゆる王道の勉強方法ってやつだ。


これを知るには、一つや二つの合格体験記よりもとにかく数多くのデータを集めたほうがいい。合格するために共通する勉強方法を探せたら、自身と近い境遇の合格体験記を探せばよい。

正直、受験専念の20代前半の受験生が、結婚し子供もいる仕事をしながら勉強していた方の合格体験記を実践しようにも無理があるのだ。勉強ノウハウは参考になっても、税理士試験への動機や背負っているものや切迫感や全く違うから、例えば睡眠時間を極限まで削って勉強しましたみたいな話を聞いても、実践しようにも殆どの場合は実践できない。

 ⇒税理士試験の合格体験記をどう活用するかが鍵 実践編

次の話15体系図に戻る

 

この記事を読んだ人は下記の関連記事も読んでいます

税理士試験受験生の時代に常に心がけたこと 今まで競争試験を勉強してこなかった自分が税理士試験に合格するには、今...

税理士試験受験中の日常!いつ何の勉強をするかが大事  1日のルーチン編

税理士試験受験中の日常!いつ何の勉強をするかが大事  1日のルーチン編 インプットの授業がある日は、授業が終わった...

税理士試験の合格体験記をどう活用するかが鍵 概念編

税理士試験の合格体験記をどう活用するかが鍵 概念編 自分が税理士試験の受験をしていた頃(2002年〜2006年)は...

廣升が選んだ升メディアのオススメ記事

税理士試験法人税法この講師に学べば初学者一年一発合格できる!!!

税理士試験法人税法この講師に学べば初学者一年一発合格できる!!! 税理士試験において大事なのは、1に受験予備校。具...

税理士がマイナンバー制度をひとり社長にわかりやすく解説するコーナー【目次とまえがき】

税理士がマイナンバー制度をひとり社長にわかりやすく解説するコーナー【目次とまえがき】 まえがき(こちらをクリックす...

税理士試験関係の別カテゴリーコンテンツ

税理士試験に向けて-エールとその他もろもろ−

税理士試験に向けて-エールとその他もろもろ− この記事は去年書いたものですが、本質的な話なので、新着情報に掲載させ...

それでも税理士めざしますか?目次とまえがき

それでも税理士めざしますか?目次とまえがき 税理士試験をすでに勉強している方には「少しでも参考にしていただき、一年...

パン屋が税理士を目指す!税理士試験の勉強方法【体系図】

パン屋が税理士を目指す!税理士試験の勉強方法【体系図】 【目次】 01税理士試験 02受験予備校 ...

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2016 All Rights Reserved.