廣升健生の頭の中を発信するメディア

税理士試験直前期に『総合問題何回まわす?』と言っている時点でアウト

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top01

税理士試験直前期に『総合問題何回まわす?』と言っている時点でアウト

税理士試験の受験生の間では、問題を何度も解き直す事を【まわす】という。※自分の受験当時2002−2006年の話なので、今は別の用語になっているかも

直前期になると受験生で話題になるのが、本試験までに総合問題を何回まわすかという話。要するに、総合問題を何回解き直すかという話。まず声に大にして言いたいのが 総合問題は何度も回す(解き直す)類の教材ではないという事。

083直前期に総合問題何回まわす?と言っている時点でアウト

(書きかけ なぜ解き直す必要がないの)

(書きかけ 総合問題を解きなおす時間はコストパフォマンスが低すぎる)

(書きかけ 総合問題を解く時間があれば個別問題の精度を上げるべき)

(書きかけ 科目によって総合問題の重要性が異なる)

(書きかけ 特に学習初年度は総合問題で時間を食われるのは致命的) など

次は総合問題の解答の順番は?上から派、下から派?という話です

次の話02

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.