廣升健生の頭の中を発信するメディア

税理士試験の受験願書の出すタイミング

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

top01

税理士試験の受験願書の出すタイミング

税理士試験の受験願書は願書の受付すぐ出すか、それとも期限ギリギリに出すか。これは、本試験をどのような環境で受験したいかによって変わる。

受験願書を受付すぐに出す人は試験に前のめりな人が多い。そのため、本試験当日は実際に受験する人がほとんどであるし、試験1時間して退室OKになっても退出する人はさほど多くない。
対して、願書の受付期限ギリギリで出す人は試験に前のめりでない人が多い。そのため、本試験当日の出席率は低いし、1時間での退出者も多い。

 

092税理士試験の受験願書の出すタイミング

前者の場合のメリットは、本試験当日の時間配分などを考えるときに、まわりの受験生の電卓の音などで、ライバルの受験生の計算理論の配分などを感じながら進めることができる。

デメリットは、本試験の出席率が高いので、机の間などが狭い試験会場であった場合にはやりづらい。後者のメリットは。。。(書きかけ)

⇒次は税理士試験本試験前の禁欲生活は必要か…です

次の話02

体系図に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2011 All Rights Reserved.