廣升健生の頭の中を発信するメディア

升メディア-廣升健生のオウンドメディア

左サイドバーメニュー下テキスト

左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト左サイドバーメニュー下テキスト

税理士をこれからめざすか迷っている人に向けたコンテンツを作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

title04

税理士をこれからめざすか迷っている人に向けたコンテンツを作ってみた

税理士試験を現在進行形で勉強している方に向けたコンテンツ【パン屋が税理士になる方法】を書いているうちに、そもそも税理士試験をこれから受けようか考えている人に向けてもコンテンツを作る必要があるのではと考えました。

それが、結果的に税理士という単一キーワードでヒットする事になる【それでも税理士めざしますか?】というコンテンツ群です。

soredemo

このコンテンツタイトルのとおりですが、

douyo

これから税理士めざすか迷っているならちょっと考える必要があるかもかもかもね??

みたいな内容です。

税理士試験という試験制度が現在のビジネスと必要とされているスキルとミスマッチを起こしているのはわかりきっていますし、その勉強に大事20代の時間を充当するのであれば別の選択肢も視野に入れたほうがいいのではないですか?という内容です。

すでに足を突っ込んでしまった税理士試験の受験生には一日でも早く合格するための方法を伝えたい一方で、そもそも税理士試験を受けようかと考えている人には、警告をならしています。

結論は、自分の記事を読んでやっぱりやめようと思うなら税理士試験に対してのモチベーションはその程度だったということです。

koh2

ちなみに、この【それでも税理士めざしますか】というコンテンツ群はたった11個しかありません。

税理士試験の勉強方法のコンテンツ群は130程度ですので、10分の1以下ですが税理士というビッグキーワードの検索ではこの記事の、まえがきと目次のページがヒットします。

数ある、うちの税理士コンテンツ、税理士試験コンテンツの中で、このコンテンツ群が【税理士】単一での検索にヒットするという事は、Googleの評価では一番ニーズがあるという事なので従来の国家試験に守られた既得権益の業界について疑問を感じている証拠なのかもしれません。

⇒次は現在進行形の独立開業税理士の考えている事や奮闘記をコンテンツ化すれば税理士を『めざす』『勉強中』『なった』という全方向に情報を発信が出来るという話しです

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2015 All Rights Reserved.