廣升健生の頭の中を発信するメディア

34 自動同期の登録をする 【テキスト】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

34 自動同期の登録をする 【テキスト】


自動同期の登録をする。
クラウド会計ソフトfreee(フリー)のメイン機能の1つである、通帳やクレジットカードの明細の自動同期の登録をしていきましょうということです。
銀行の通帳やクレジットカード、他の連携、POSシステム、たとえば今ですとAirレジや、Amazonや、その他IKOKAやsuicaや小口決済、こういうものの同期というものができます。
これをデジタルデータのままで取引明細をfreeeに取り込んでくるという話です。
設定については、このような画面が口座で登録すると出てきます。
留意点としては、たとえば今回の例でいくと、三菱東京UFJの銀行の登録ですが、口座名については、実務でいうと口座名は自由につけられるのですが、通帳の番号などを記入しておくといいかと思います。
あと、このあとの自動同期の設定の、自動同期をしているのかそれとも手動でのアップロードかを書いておくと便利かと思います。
明細を取り込む方法を選んでくださいとありますが、基本は自動同期、あるいは手動同期を選択する方が多いかと思いますが、それだけではなくて、自動同期を選択しない場合ももちろん設定は可能ですので、その場合には一番下の同期なしというものを設定します。
これは別の動画で解説しますが、明細のアップロードという、自身でアップロードするということもできますので、その場合にはこちらの同期なしというものを選択します。
取得する期間も設定できますので、取引明細、通常はだいたい金融機関で2か月から半年ぐらいが取得できる期間かと思いますが、期間を設定することができます。
ちなみに、自分などは、三菱の個人の通帳を持っているのですが、紙でいくと確か2か月、3か月ぐらいしか取得できない期間が、エコ通帳にすると2年ぐらいに伸びますので、個人的にはオススメです。
一番下、これがネットバンキングのログイン情報を入れるという形になります。
これはそれぞれの金融機関で付与されているログイン情報を入力していけばいいという形です。

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2014 All Rights Reserved.