廣升健生の頭の中を発信するメディア

24【自動で経理】は入力ではなく設定 【テキスト】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

24【自動で経理】は入力ではなく設定 【テキスト】

自動で経理は入力ではなく設定です。
今回はちょっとした例え話をしながらお話ししていきたいと思います。
従来の会計ソフトであれば、資料を整理して、1個1個取引の登録を、自分の力でしていきます。
これはたとえると、洗濯板で洗濯物を洗っているようなものです。
結局、洗濯物1個1個を自力で洗っていく。
従来の会計ソフトで、感覚としては、日々の経理のデータを入力しているという感覚だと思います。
そうすると、もちろん洗濯板で洗濯物を洗うのと一緒ですので、そこのノウハウというのがたまってくると思います。
どのような順番で洗えばいいのか、どこを擦れば綺麗になるのかというようなノウハウがたまってきますが、根本的に洗わなければいけないということの手間は一緒です。
対して、クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、入力ではなく設定をしているというイメージを持っていただきたいのです。
イメージはこのような感じ。
全自動洗濯機の、全自動の設定をしているということです。
そうすると、設定のノウハウがたまっていくと、たとえば、自分はあまり洗濯機を使いこなせてはいないのですが、この洗濯物には全自動1ボタンがいい、2ボタンがいい、これは脱水を長くやればいいなど、こういうものを設定していきます。
当然設定のノウハウというものもたまっていけば効率化していきますので、最初は設定するのに手間は入力と変わらないのですが、どんどん時間が経っていけば、あとは全自動洗濯機で仕事をさせるだけ。
会計ソフトもfreeeに仕事をさせるだけという形になっていきますので、手間の軽減度というのが、使えば使うほど大きな差になって表れていくという形になります。

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2014 All Rights Reserved.