廣升健生の頭の中を発信するメディア

19freeeで登録のフローチャート 【テキスト】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

19freeeで登録のフローチャート 【テキスト】


クラウド会計ソフトfreee(フリー)で登録のフローチャート。
ということで、別の動画で、まずfreeeは原則取引の登録は3つの方法で行っていくというお話をしました。
では、3つの取引の登録の方法、これをどこで何を登録していくのかというフローチャートなのですが、こういう形で判断していきます。
まず、デジタルベースの取引明細があるのかないのか。
日付・内容・金額、こういうものがデジタルデータとして存在するのかどうか。
これがもしあれば、自動で経理で処理をするということになっていきます。
これがない場合、じゃあなぜというふうに考えます。
未決済という形で、まだお金のやり取りがない場合。
この場合には、請求書の発行をする場合、これは請求書の発行で2つ目の方法です。
これが、請求書をもらう場合。
なので、郵送で送られてくるとか、PDFで得意先からメールで添付で載ってくるとか、そういう場合です。
この場合には、3の取引の登録、いわゆる自分で手打ちで入力するという必要があります。
あともう1つ、レシートなどのアナログデータ、この場合には、CSVでつくるという方法があります。
これは後ほどお話ししていきますが、パソコンで、このデジタルデータの日付・内容・金額を自分で打つという方法です。
もしこれを自分でつくるのであれば、それをfreeeにもっていって、自動で経理を行うことができます。
これをしない場合、この場合には、表計算で打つ代わりに、取引の登録ということで、freeeで直接登録をしていくという形になっていきます。
ここで話として何が言いたいかというと、freeeは3つの登録方法があります。
自動で経理と、2の請求書の発行・受取、あと3つ目、取引の登録と3つの方法がありますが、基本的には自動で経理で考えます。
なるべく手間をなくすためには、自動で経理で、自動でfreeeに仕事をさせる。
そうじゃない場合、たとえば未決済であるとか、レシートでアナログデータであるとかいう場合には、仕方ないので2や3を使っていくというイメージをもつことが大事です。

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2014 All Rights Reserved.