廣升健生の頭の中を発信するメディア

02取引入力の全自動化の流れ 【テキスト】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

02取引入力の全自動化の流れ 【テキスト】

取引入力の全自動化の流れという事で、どういうふうな流れで全自動化されていくのか。
まず、銀行の通帳とかクレジットカード、POSシステム等の取引の明細。
こちらを通常であれば、会計ソフトに整理して、経理データとして管理していきます。
これを、自動同期、明細アップロードという型で自動化していきます。
要するに、まず入力が面倒くさいよって、元を正せば、結局入力するための資料の整理というのが面倒くさいです。
この整理っていうのを自動化していく、というかたちになっていきますね。
当然これを登録していく。この取引の登録というところを、仕分の学習機能という事で自動化していくと。
段々仕分をクラウド会計ソフトfreee(フリー)自体が学習してくれますので、取引を登録すればするほど自動化が進んで、学習が進んでいく。
2つの、整理のところの自動化と、登録のところの自動化というのがされるというのが、まず取引入力の全自動化の流れになります。

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
プロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィールプロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 升メディア-廣升健生のオウンドメディア , 2014 All Rights Reserved.