廣升建生税理士事務所サイト

16 口座振替を覚えよう [日々の業務]

 
この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

freeeでの口座振替は、直感的で○

口座振替とは 口座間の資金移動のこと

口座振替とは、ご自身が所有する預金通帳間の資金移動を登録する作業です。下記のキャプチャーのように、A銀行からB銀行に資金が移動した時は、勘定科目を設定は行いません。【口座振替】から、振替先(資金の移動先)を選択して登録を行います。
[freeeで全自動化マニュアル]図解083

※下記動画のテキストはこちら

複式簿記とは違うところ

クラウド会計ソフトfreee(フリー)ではこの【口座振替】という登録と、得意先や仕入先などの相手のある取引の登録を明確に区別しています。下の図のように、複式簿記でいう売上や仕入れの取引と資金移動の取引は一つの仕訳で処理しますが、freeeでは取引の相手先があるものなのか、口座間でのやり取りなのかを明確に区別しています。

[freee_ページ_33

※下記動画のテキストはこちら

注意)【自動で経理】を使う際に注意すべき点は、口座振替のデータ重複

口座振替は口座間での資金の移動、つまり下図のように収入と支出取引の内容が表裏一体でご自身に帰属してしまうことです。その為【自動で経理】を使うと、取引の明細を取得する際に、口座振替のでデータの重複が出てくることになります。この場合、重複したデータのうち、片方を削除する必要があります。データ重複の作業は自動でデータを取得するからこそ発生する、大事な留意点です。口座振替が発生する場合は、しっかりと留意して下しい。

[freee_ページ_34

※下記動画のテキストはこちら

廣升 健生/大島 克之

簡単だと思ったfreeeが全然簡単じゃなかった件

ブログ村誘導タイル

この記事を書いている人 - WRITER -
廣升健生(ひろますたけお)
東京都品川区生まれ。 パン職人から一念発起し税理士試験5科目(法人税法、簿記論、財務諸表論、消費税法、固定資産税)し税理士登録。  大原簿記学校の講師(法人税法)、税務コンサルティングファーム、税理士法人にて中小企業の会計税務から上場会社などのの組織再編、連結納税などの特殊税務まで幅広く担当後2013年1月独立開業。 【著書】会計事務所クラウド化マニュアル(清文社)、会社の経理を全自動化する本(翔泳社)など

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廣升建生税理士事務所サイト , 2014 All Rights Reserved.