top09

隣の税理士試験受験生が自分と同じスペックだと思うな

資格試験の受験生は、義務教育の様に基本的に、ヨーイドンでみな新しい事を1から学ぶわけではない

既に会計事務所などで実務経験を積んでいる人もいれば、試験に何度も挑戦している人もいる。

その中で10%に入る戦略を考えるには、周りの人の強み弱みの分析、

自分自身の強み弱みの分析が大事である。

実務経験が豊富な人

強み  テキストには載っていない実務特有の取り扱い、経験等を熟知

弱み  試験に問われるベーシックな基礎知識が抜けがちになる。

試験を何度も受験している人

強み 長年試験勉強をやってきている知識量

弱み 長年勉強しているにもかかわらず合格しない理由の分析不足。勉強期間が長期化に渡った為のマンネリ感

試験初年度の自分

強み 限られた時間で合格を目指す必要が有るため、ベーシックな論点のみに注力した局地戦的勉強法

弱み 時間が限られているため、勉強できる範囲が限定的

 

⇒次は税理士試験受験生を支える彼女や恋人の話です

次の話10

体系図に戻る

 

税理士試験

 

↑上に戻る