サイトトップ6

若手税理士のとりとめのない話6

F700

HIROMASU

受験生に向けて、どうぞ!

OONO

昔僕も本に書きましたけど、税理士に限らず、大企業から下請で仕事をもらっていたから、そもそも経営なんて必要なかったというのが、絶対的にバブルとかそういうのだったわけじゃないですか。税理士だって同じですよね。降ってきて、広告もなにもなかったので、今の若い人たちが受験するときに税理士がもうかっているように見えるのは、それはそうですよね。昔降ってきたものがあったら、儲かっているように見えるかもしれないですが。今はそもそもこれだけ広告規制があって、みんながウェブだとか激安だとか、そもそも税理士がなくなるかもしれないとか、言われているので。最近いろいろな雑誌とかにも載っていて、そうとらえている人もいるかもしれないのですが、それは税理士業界だけではないと思うのですよね。一般企業もきつくなっているところいっぱいありますし。

HIROMASU

私は受験生とか税理士目指す人に言いたいのは、その話の延長で、コンテンツで「それでも税理士めざしますか」とか自分は書いているけども、あれはある意味税理士業界、チャンスだよというエールでもあって。結局、すごくちゃんと値段が決まっているようなところって、落ちだしたら落ちだす、上がっていたら上がっていて良いのだけど。税理士業界って、昔から降ってきた層がかなりの市場の部分をやっているわけ。それこそ経営者の代替わりというのがあったときに、今までの報酬ってなぜ何もしてくれないのに、顧問報酬7,8万も払ってたの?年間100万も払ってたの?というところが、クラウドにして、代替わりしてうちらと同じ世代になったら、40万くらいでやってくれるよ?ぜんぜんちがうぜ?って。値段が高止まりしているからこそ、うちなんてそんなに格段と安くはないし、どちらかというとクラウド会計の中では高い方だけど、それでも元が高すぎるから、喜んでこっちにきてくれるのね。けっこうクラウド会計という切り口でも、割とその経営者の代替わりで、お客さんがきているのね。3~5億くらいのお客さんで、小売店とかでやってるお客さんでもくるので。だから、そのある意味そこで高止まりしているのって、5~10年はまだまだその市場にいるから、そこを切り崩していくというところでいくと、ある意味ブルーオーシャンだなと。

OONO

僕も結局、結論的に言えば、めちゃめちゃ楽しい業界だなと。経営シーンができるすぐそばにいるという人っていないじゃないですか。そこで自分の経営で試行錯誤して、売上だしたり、成功したり失敗したり、ただそれをお客さんに伝えればよいだけって、自分の経営も楽しくなりますよね。だれかに伝えることがあるから、おもしろいというか。だれも見てなかったら意外とおもしろくないですもんね。

HIROMASU

そう考えると、試験勉強が大変だけど、そのあとがスタートラインなのだよね。

OONO

今コンテンツもそうだけど、受験時代のこと語ろうと思えば語れますけど、お互い前向きに過ごしているせいか、先の話しか話さなかったじゃないですか。たぶん受験時代の話だけでも話せるけど。だけどその前に知ってほしいのは、今の税理士業界についてというか。

HIROMASU

そうそう。だから、コンテンツとしては、パン屋の税理士のことを出しているからさ、自分がやりたいと思う動機と、なったあとどうなるかという道筋、最初と最後が見えないと就職するときに、四大行くのか、中小行くのか、独立するのかという…

OONO

そのためには本もそうですし、いろんな先生のセミナーにいくとか、いろいろしたほうが良いのですよね。それをしないと安直にこれからは高齢化社会だから、相続専門をやろうなんて、みんな考えるから。

HIROMASU

うちもスポットコンサルとかやってるけど、意外と会おうと思えば、熱い気持ちで書いてくれたら会うよね。

OONO

特に褒められたらみんなうれしいですからね。

HIROMASU

あのコンテンツ読みましたとかね!

OONO

それポイントですよね。今のはノウハウみたいなものですよね。会えなさそうに見えるけど、芸能人じゃないですからね。

HIROMASU

時々くるのよ。タダでお話し…みたいな。そういうときに、タダでも人によっては聞くけど、そういう人に限って「HP見させていただきました」みたいな、いろいろなところにコピペしているような人。

OONO

それ重要ですよ。自分だけ得しようみたいな考えの人は、今後も通じないという話ですよね。お金がないのはないので良いと思うのです。ないならないで、例えば廣升先生に会いたいのであれば、廣升先生も時間をとって教えるわけですから、ふつうなら90分で5~6万とっているわけじゃないですか。そこまで出せなくても、廣升先生のお客さんの相談の声になりますからとか、何か考えるべきですよね。

HIROMASU

飯だしますとかね。お金の価値観って自分の3年前5年前10年前、今の自分が1000円出すのと、5年前の1000円と、10年前の1000円は、貨幣価値はたいして変わらないけど、自分が出す価値観はぜんぜん違うわけじゃん。学生にとってはね…

OONO

そんなのこちらもわかってますからね。

HIROMASU

そこはすごく大事だよね。

OONO

ただ独立するからって自分のことばかり話す人は聞かないですよって。そういう人はいやですよね?

HIROMASU

そうそう…ネットだとさ、けっこういない?いるでしょ。ひやかし半分みたいな。

OONO

はい、いますよね。

HIROMASU

まあおもしろいですよね。いろんな出会いもあるしね。

OONO

だからさっきその道筋というところになると、そのために上っ面の知識だけでは意味がないということですよね。本だけじゃなくて。実際僕も戻れるのであれば、成功してそうというか、幸せそうというのが1番ですよね。結局売上だけじゃなくて、成功というのは自分の価値観が他人の価値観と交わっていて、先生が毎日笑顔で過ごせていそうだなという、それが一番ですよね。なにが成功かなんて自分もわからないわけですから。

HIROMASU

うちも税理士のサイトはコンテンツに上げてるのだけど、プライベートサイトもしばらくやっているわけよ。あれは、嫁が運営してて、自分が時々手を出すのだけど、あれなんて1円も収益を上げていないの。だけど、嫁にも言っていて、自分たちに価値のあることやろうぜと。要は、自分たちが記録として残して、見直したときに楽しいなとか、自分たちが楽しいと感じることは金に変わるかどうかは関係なくて、自分たちに価値あるのだから良いじゃんと。だから、自分たちに価値のあることをやろうぜということをテーマにしていて。

OONO

だから多分、モデルですよね、廣升先生の人生をみて、こんな人生を歩みたいなと。心から思った先生と出会ったら、その人の生き方を学ぶと良いかもしれないですよね。大事なのは、僕が飲食をやっているとか、クラウドやっているとか、そんなことじゃないのですよね。なんでこうなったのかという経緯が実際大事ですよね。

HIROMASU

言ったあとにそれをやっていくのって、ただ単純に儲かりそうだからやっても続かないのだよね。自分がバックボーンで好きなところとか、思い入れがないと挫けるよね。ネットとかだと、結果が出た人が検索で上がるじゃん。だから、俺もやってみようと思うじゃん。だけど、その人も最初ゼロで、その検索で上がるまでには実績もあって、ノウハウもあって、コンテンツも書くから、上に上がるのだけど、その人のゼロのときから誰が評価してくれるかわからないときは、俺だけは信じてやらないとさ。

OONO

ショートカットして人のまねしようという人は、続かないですよね。ビジネス的に収益が得られたとしても、続かないから意味がないですよね。2番煎じでダメになるというのはそこですよね。

HIROMASU

続かないんだよね。結局、続けることの大事さというか、続けるために、モチベーションをどう管理するかとか、最初のきっかけも女にモテるためだとか、それだけじゃないところにモチベーションをもっていけるか、飛んでいきながら落ちないようにするかとか、それこそ試験勉強のときに、最初の動機だけじゃ続かないよね。

OONO

やはり一個の仕事にこう入ると飽きちゃうのですよね。いろいろなところに自分のパラレルスキルだというか、いろいろなことがあると飽きないですよね。

HIROMASU

それに飽きたころ、また前にやっていたやつが返ってくるしね。

OONO

そうですよね。表だけで見えないことで言ったら、いろいろな仕事をやっているわけですから。そういうことを繰り返すと楽しいですよね。

HIROMASU

そんな話でした!とりとめもなく話してしまいましたが。

OONO

この中から何かヒントを探すのは、見てる方々ですからね。

HIROMASU

そしてこの本、自分も読んですごくいろいろな情報が得られて。ぜひ税理士を目指すみなさん、「パン屋が税理士になる方法」とセットで、お読みいただければ。
ということで今日はありがとうございました。

 ↓ 対談の動画はこちら ↓

参考リンク

ITA大野税理士事務所 http://www.ita-ohno.com/

目次とまえがきmodoru

若手税理士のとりとめのない話の各話はこちら

tile1
若手税理士のとりとめのない話

若手税理士のとりとめのない話 みなさん、こんにちは。今日は、廣升健生税理士事務所とITA大野税理士...

tile2
若手税理士のとりとめのない話2

若手税理士のとりとめのない話2 実際この試験で、対5科目プラス、僕は日商簿記1級からじゃないですか。と...

tile3
若手税理士のとりとめのない話3

若手税理士のとりとめのない話3 難しいのですよね。ここのレベルのサービスを作ると、ちょっとずつの進化が...

tile4
若手税理士のとりとめのない話4

若手税理士のとりとめのない話4 廣升先生も私もしっかりターゲットを決めているから、お客さんとキャッチア...

tile5
若手税理士のとりとめのない話5

若手税理士のとりとめのない話5 従業員としてほしい人材は?受験生に向けて言いたいことは?いろいろ語って...

tile6
若手税理士のとりとめのない話6

若手税理士のとりとめのない話6 受験生に向けて、どうぞ! 昔僕も本に書きましたけど、税理士...

5大特典付きメルマガ会員募集中

こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介など、特典満載です。また不要な場合には即解除可能です。

【最新特典】クラウド時代の会計事務所働き方改革2.0セミナー
クラウド会計はなぜ中規模以上の会計事務所の浸透しないのか!?その理由と解決方法の提案セミナーです。

【特典2】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典3】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典4】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典5】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録フォームはこちらです

タグ: ↑上に戻る