top3

クラウド請求書Misoca(ミソカ)の魅力を改めて語ってみた

みそみそか

お~いまっすん(廣升のニックネーム)聞いたぜぇ【Misoca(ミソカ)アンバサダー】になったんだって?

06輝く hiromasu

さすがミソ香君よくご存知で!名刺もらったんですよ。これ!

名刺misoca

お!なんかおしゃれだなぁ。透明のフィルムっぽいんだな

07納得hiromasu

そうなんですよ。お客さんに名刺渡すじゃないですか?フィルムっぽいからこんな感じで重ねて渡して!

名刺2

そうすると、これなんの名刺ですか?って聞かれて4,5分Misocaの説明するんですよ。

misoca814

そうすると、Misocaいいねぇぇってなるだろ??

13サムズアップ hiromasu

そうなんですよ。お客さんみんな食いつく食いつく!

misoca 2

そうだろそうだろだったらよぉ。そのお客さんに話しているMisocaのおすすめポイントを、もう一回おさらいしてくれよ。

08たじろぐhiromasu

えーいまさらですか?面倒だなぁ。もうすでに沢山Misocaの記事書いているじゃないですか?

misoca怒る 

まっすんお前心の友だろ~

16ファイト hiromasu

わかりましたよぉぉ。じゃぁ今まで、紹介したMisocaの記事のリンクを交えながらミソカに夢中な理由を解説しちゃいますね。

ということで、ミソカアンバサダー就任記念!?クラウド請求サービスMisoca(ミソカ)の魅力を改めて語っておきましょう

ベーシック機能を完全無料で使える

クラウド請求書のサービスはいくつかあります、自分が今まで使ったことがあるサービスでもMisocaの他にmakeleaps、MFクラウド請求書とあります。

以前この3つの請求書サービスの比較記事も書きました。 【Misoca、MFクラウド請求書、MakeLeapsを税理士が比較!No.1はどこ?

クラウド請求書サービスNO.1はSquare
Misocaの大きな大きなアドバンテージは、

ベーシックな機能が完全無料で使えるということ!

Misocaのサービスは無料のサービスと有料のサービスがあります。
有料のサービスは、請求書を印刷し郵送をワンボタンで行ってくれる。郵送代行や売掛金の回収を代わりに行ってくれる回収代行サービスなどがあります。
ただし、自分は郵送で発送するお客様はいらっしゃいません。全部PDFにしてメールなどを通じて送付。あるいは共有しているドロップボックスやgoogleドライブのフォルダに格納という方法なので、完全に無料で使用させてもらっています。

これが、他のクラウド請求書サービスだとクライアントが増えると有料になったり、郵送しないのに、基本料金の中に郵送○通まで無料という代金が組み込まれてしまっている。

ケータイ料金でいう、電話しないのに無料通話分が含まれてしまっている様な、ちゃんと通話するならいいのですが、待受専用に使っている場合だと損をした感覚になってしまう感じです。

使い勝手はどれも秀逸だから…

自分が試したMisoca、makeleaps、MFクラウド請求書は請求書の発行するための操作のやり方や、使いやすさは多少ユーザーインターフェースの差はあれどどれも秀逸です。

今エクセルで作っているなんていう人がいたらどのサービスでもいいのでまずは一度触って欲しい!で、どれも使いやすくて、便利ならユーザーとしてはそれは

安いほうがいい

というのが心情です。正直Misocaは、無料でそこまで使わせて大丈夫なのかなぁと心配になるくらいです…
ただ、Misocaが0円で利用できるのは嬉しいですし、まずはユーザー数の拡大が先決という戦略なのでしょうがお金とらなくて経営大丈夫かなぁと思ったりもしています。それくらいタダで使うには便利すぎるサービスなのです。

クラウド会計ソフトとの連携機能の汎用性が高い

うちの事務所、廣升健生税理士事務所ではクラウド会計ソフトのfreeeやMFクラウド会計の導入やその後の会計税務顧問のお手伝いをしています。

Service
導入支援というのは主に、クラウド会計ソフトを使って会計業務を自動化させていくための経理業務の構築作業なのですが、その際に必ずオススメするのがMisocaの導入です。

請求業務の自動化

経理業務と、請求業務ってすごく密接に関わっていまして、詳しくは【freeeで請求管理事務を全自動化する】で紹介していますが請求書の発行業務から経理業務までの一連の流れを一気通貫すること自動化が完成するのです。

その際に、クラウド会計ソフトfreeeではソフト内に請求書の発行機能があります。これもとても便利な機能なのですが、残念ながら郵送代行の機能がありません。
そしてMFクラウド会計は請求書機能は別個にMFクラウド請求書というサービスがあります。ただ、MFクラウド請求書はクライアント数が一定以上増えると有料です。

そしてMisocaは、freeeとMFクラウド会計どちらにも連携機能を持っています。
Misocaには、郵送代行の機能もありますので今はPDFだけの送付で事が足りているなんていってfreeeの請求書機能を使っている場合でも、最初からMisocaを使っていれば機能として大は小を兼ねるとうことになるのです。
また、MFクラウド会計とも連携できるので、クラウド会計ソフトを乗り換えるなんてことがあったとしても、そもそもMisocaを使っていればクライアントのデータをそのまま流用できますよね。
仮に、MFクラウド請求書を使っていたとするとMFクラウド会計を使っているうちはいいですが、MFクラウド請求書は百年河清でfreeeと連携することはないはずです。

そう考えると、事業が拡大してきて郵送の請求書を送る可能性。クラウド会計ソフトを変更する可能性を考慮すると、あらゆる可能性に柔軟に対応できるMisocaがオススメなのです。

matome1500

スマホ用のアプリが秀逸

Misocaはiphone用のスマホアプリがあります。
このアプリ、レビューでも書きましたがとても秀逸!くわしくは【請求書サービスMisoca(ミソカ)のiphoneアプリをレビューしてみた!】

Review

自分なんかは、クラウド会計を使いながらの仕事をしているので、PCを常に持ち歩いているけれど、クライアントでも仕事の出先ではPCを持ち歩かないという方は多いのです。
例えば、出張のネイルアートをされている女性のクライアントがいます。
この方は、ホームページ経由で予約頂いたお客様には、自宅のPCからWeb版のMisocaで請求書を発行。電話で注文を頂いたお客様は、パソコンにも住所や名称を書いてあるデータをスマホアプリで直接お客様に確認し、その場でメール送信又は郵送代行をボタン一つで完了しています。

請求業務は奥が深い!?

Misocaのオススメポイント3つを紹介したところで、ちょっと請求業務ってことについて考えてみると、最近クラウド会計を使った税務顧問をしていると沢山の業種の方とお仕事をさせて頂く事が多くなりました。その中で感じたのは、

請求業務って思った以上に奥が深いな!

と言う事。

例えば先日Misocaいいよ!と説明をした高校の同級生 で植木職人の親方の水梨さん(池上植木)。彼がこんな事を話してくれた。

mizu

うちはさぁ、請求書にかならず、一言自筆でお礼の一文を入れるんだよね。職人ってすごくアナログだろ?パソコンを使って、楽に作れる部分はありがたいんだけどそこで時間が浮いた分感謝の気持ちやありがとうの言葉は、下手な字でもいいから自筆で心をこめて書きたいんだよね。アナログの部分を残しておきたいっていうかさぁ

なるほどなぁぁと。。。。税理士事務所の仕事だと、基本的に単発でサービスを提供してその日のみで仕事が終わるという事は絶対にありません。だから信頼関係は日々のやり取りのレスポンスのスピードや対応について真摯に向きあえば良いと感じていたので、請求書を送付するのは通常業務に付随する作業の一つくらいにしか考えていませんでしたが、考えてみればご報酬をいただく、最後のやり取りですからとても重要度の高い業務なんですよね。

自分自身に翻って考えると、連絡の行き違いで請求書が突然送られてきたり、オプションを向こうで勝手にカウントして請求されたりするとやっぱりイラッとしますし、ネットショッピングで、個人店から購入した際に一言自筆で感謝の気持ちが添えられたりすればやっぱり嬉しいものです。
最近自分もクラウド会計で顧問のお手伝いをする際に、よほど遠方でないかぎりは特に最初の何度かは直接お会いして、レクチャーや相談を対面で直接するようにしています。
話をするだけなら、Skypeで出来ますし業務の進め方も意外と遠隔でパソコンにデータが入っている同士で話しをした方が効率的なのですが、結局効率性を追い求めているのも人間なわけで、人間はなんだかんだで感情で動くものです。
っていうか自分がそうなので…

まとめ

話が脱線しましたが、Misocaの話に戻して締めます。
手書きの感謝の気持ちをこめるからといって、請求書を全て手書きで作れというのは違うと思いますし、管理しづらい独自に作成した表計算ソフトで作りすごく時間がかかったからといって相手にその苦労が伝わるわけでもありません。
ようするに力点をどこに置くか、楽して作れるとこをは楽に作る。郵送代行でボタン一つで送付してしまうのでもよし!請求書に一言添えたいならそこに時間を使えればいい。
そういう意味で、楽して作成できる部分を徹底的に楽に請求書を発行できるMisocaを今後共使い続けていきたいと思います。

05自信 hiromasu

Misocaアンバサダーからレポートでした

misoca 睡眠

ぐーぐーぐー 話が長すぎて寝てしまったよぉぉ

関連記事

misoca
クラウド請求書サービスMisoca(ミソカ)を使う3つの理由

クラウド請求書サービスMisoca(ミソカ)を使う3つの理由 井上さん今日は、廣升健生税理士事務所に新しい仲間...

misoca1
Misocaを使う理由1 無料で使えてかつ、使用制限などは一切ない

Misocaを使う理由1 無料で使えてかつ、使用制限などは一切ない まずひとつ目は、Misoca(みそか)は基本料...

misoca
Misocaを使う理由2 請求書専業サービスであるため多彩なサービス

Misocaを使う理由2 請求書専業サービスであるため多彩なサービス 2つ目は、Misoca(みそか)は、請求書サ...

クラウド請求書サービスNO.1はSquare
Misoca、MFクラウド請求書、MakeLeapsを税理士が比較!No.1はどこ?

Misoca、MFクラウド請求書、MakeLeapsを税理士が比較!No.1はどこ? 味噌みそ香(みそみそか)...

top

おーいマッスン!知ってるか??Misoca(ミソカ)、iphoneアプリはじめるってよ 【桐島、部活やめるって...

アイキャッチ
クラウド請求書Misoca(ミソカ)の魅力を改めて語ってみた

クラウド請求書Misoca(ミソカ)の魅力を改めて語ってみた お~いまっすん(廣升のニックネーム)聞いたぜぇ【...


【今日のコレ芝 2015年9月29日】-今日のコレ芝とは

産後、どう働きたいですか!? by アコラボ

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

タグ: ↑上に戻る