1416970925zhnXa2fdfbh48Hsa_post

15会計人が目指す姿は蕭何である

皆さんは、蕭何(しょうか)をご存知でしょうか?

蕭何は、中国漢の高祖劉邦が、項羽との戦いおける、漢の三傑の一人です。

三傑には、国士無双の韓信

軍師の張良と

この蕭何。蕭何の仕事は主に物資の輸送や内政です。現代の仕事で分類すれば、会計や財務全般の責任者というところでしょうか。三傑の中では地味な存在ですが、劉邦が漢を建国した際の論功行賞では、

一番の功労者に、蕭何が選ばれたそうです。昔で言えば、兵糧の尽きる尽きないが戦の行方を左右するように、現代で言えば、資金がショートするかしないか、融資受けることが出来るのか出来ないのかで、事業が大きく左右する。

そんな、業務に注力できてこその会計人の価値だと思うのです。記帳代行の業務がなくなります。自分たちの業務がなくなるかもしれないからクラウド会計ソフトfreee(フリー)は排除しよう、なんて小さい事を言ってたら、他の業界の人に笑われてしまうと思うのです。

少なくともそんな自分でいたら、父と、明日生まれてくる息子江に、胸張って生きていけません。タイトルにもあるとおり、親はじめていますが、本格的に始まるのは明日から、

父が自分たちの為に書いた『息子たちに』の様な本は自分はまだ書いていないけれど、息子の江が生まれてくるにあたって、その間に自分自身が全力で執筆したfreeeの本『会社の経理を全自動化する本』に込めた思いを、少しばかり江にも伝えたくて、色々と書いてみました。

ちなみに、今youtubeでは本の論点を動画で解説する『freeeで全自動化マニュアル』といものを発信しています。このツバメの3匹は、freee株式会社非公認ツバメ家族で『threee(スリー)』と言います。真ん中にいる赤ちゃんツバメの名前は『koh(コー)』。非公認で好きにやってるので、おもいっきり公私混同のfreeePRキャラクターです 笑

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

↑上に戻る