1416970925zhnXa2fdfbh48Hsa_post

11 19歳パン職人はじめました

2013年の5月。独立してから5ヶ月した時に、事務所に簡易のスタジオを作りました。

 なぜ作ったかというと

情報発信を自分の言葉

でしたかった。

理由はいくつかあって、ビジネスの面で言えば、webからの集客などのマーケティングを考えた場合にはブログやフェースブックなどの文字情報での発信については既に先駆者が沢山いて、いまさら感があっということ。自分は文章を書くのが好きではないので、ブログ等の情報発信は続かない自信もあった。ただ、スタジオを作った一番の大きな理由は、会計や税務の話をかみ砕いた言葉で、誰にでもわかりやすく情報発信したかったから。自分の経歴を簡単に紹介すると、自分は18歳で東京都立雪谷高校を卒業しました。雪谷高校知ってますか?今年のプロ野球のドラフト会議でオリックスに入団した鈴木優君の高校です。

 

ちなみに自分は野球部ではなかったですが。。。その後、高田馬場にある東京製菓学校という製菓製パンの専門学校で一年間パンの勉強をしました。

その頃に高田馬場で学生時代を過ごしたというのは結構大きくて、例えば早稲田大学の卒業生などで同世代のメンバーと話をすると「居酒屋鳥やす、知ってる??あそこのぼんちりうまいんだよなぁぁ」なんて話ができて面白いのです。

あ。ちなみに断っておきますが、製菓学校時代は19歳なので 鳥安には行ったが、酒は飲んではいない。(大人の対応でツッコミはいれないでいただければと思います)。その後は、代官山にある老舗の洋菓子店シェ・リュイのパン部門の職人として3年間働きました。(勤務地は主に恵比寿店でした。※今はauショップになってますが)

※写真は2013年独立後、現在は会長である、平井政次さんと撮影したもの。

しかし、パン職人は3年でやめたのです。やめた理由は次の話で。。。。

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

↑上に戻る