1416970925zhnXa2fdfbh48Hsa_post

02freee(フリー)本の作成依頼、無茶ぶりだったたった一つの理由

まずは、クラウド会計ソフトfreee(フリー)の本の話。

 こちらは自分がメインで作業をしたので、文章が書きやすいというのもあるし、この本の話から色々なエピソードに派生していくのでまずはここから。。。。

 それに一著者のプライベートエピソードより、スタートアップの雄 クラウド会計ソフト『freee』の話の方が、この文章を読んでくれている皆さんも知りたいだろうという

政策的配慮 も多分にあります 笑

このfreee本、最初にどんな本なのかを簡単に触れていきます。

 コンセプトは、クラウド会計ソフトfreeeを使って、フリーランスや小中規模の煩雑な経理の業務を全自動化していこうという本です。

 これは、出版社の翔泳社(しょうえいしゃ)から2014年6月に直接依頼を頂きました。

そこから出版日は12月16日。かれこれ半年近くかかってようやく出版となります。

6月から7月までは、コンセプトのすり合わせと、どのような本にすべきかという本の骨子の作成作業でした。

 その際に翔泳社の編集者と打ち合わせをしたのは、この様な内容でした。

編集者
『freeeを使った経理業務のフローを紹介する本を作ってください。テーマは全自動です
自分
いいですねぇ。自分もそう思いますよ ふむふむ
編集者
あとはfreeeの操作方法など解説し、どの様に活用するかは紹介して欲しいのですが、一点注意して欲しいのがいわゆるパソコンソフトの解説本の様な画面キャプチャを多用して、『クリック、クリック』の様な操作解説を紹介するテクニカル本の様にはしたくないのです。
編集者
会計ソフトの取り扱い説明書のもよくありますよね!?
ザ・マニュアルみたいなの!ああいうのはNGです
自分

なるほどなるほど、確かにそうですね。そう作りたいですね。電子レンジに猫いれないで下さいみたいなザ!マニュアルって誰も見ないですしね!

自分
ちなみに、今回の本のコンセプトの参考になる様な本はありますか?
編集者
いえ!参考となる様な本は無いですねぇぇ
自分
え~~~ないのですか?おぼろげだけでもなんとなくのイメージが近しい本でもいいのですが、、、 自分は今まで、一冊本を書いた経験はないので、イメージがつきやすいように何か探してもらえませんか?
編集者
うーん 経理業務の話の参考になる本なら沢山ありますし、パソコンの操作解説の本も沢山ありますよね。
編集者
あと、既に出版されているfreee本の『世界一ラクにできる確定申告~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!』(原尚美,山田案稜 著)はfreeeの機能紹介もしていますが、本のタイトルにもあるように、メインは確定申告の話で、freeeの一般的な機能の紹介はしてますけど、確定申告の本ですよね。あくまで…
自分
たしかに、あの本は確定申告の話は裏話のような話を詳しく書いてあってとてもいい本だと思いますけど、『freeeを使いこなしたいという人』にとっては少し物足りないかも知れないですね。
編集者
そうなんです、今回のうちの本の趣旨は経理業務の話がメインで、確定申告はその結果として最後にあるものという位置づけなのでコンセプトが全く別物なんですよ
自分
なるほどね。わかりました。。。で!!!!参考になる本はないのですか?そんな感じの本は?
編集者
ないですね。 今回は新しい試みですので、新しい本を作ってください。
多少無茶ブリな事はわかってますがよろしくお願いします

というやり取りでこの本はスタートしたわけです。

その時は結構簡単に考えていたのですが、なぜこの様なコンセプトの本がないのか(あるのかもしれないが、埋もれている=ヒットしていないからかもしれません)、実際の執筆を開始してから痛感するのです。

ブログ村誘導タイル

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービス

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービスです。
丸投げはもちろん決算のチェックのみ、自力で確定申告を行いたい方まで、幅広くサービスを提供しています。
ぜひ、ご検討下さい。

サービス内容はこちら

↑上に戻る