03税理士のサービス植村絵里2 クイックエステ 外苑前 うえむらえり

女性エステ店経営者植村絵里がfreee(フリー)を選んだ理由

2011年の震災を機に、ベビーシッタービジネスから、クイックエステという新しいビジネスをスタートする事にしたんですけど、さっき話しをした不満から税理士に依頼しても顧問料ばかり高くて、大して役に立たないという考えがあったので、決算の時だけ依頼すればいいやという考えで、お店を立ち上げた当初は顧問税理士をつけていませんでした。

03 承諾hiromasu

まぁ選択肢としてはそれもありですよね。

ただ、徐々にお店の経営が軌道に乗ってくると、どんどん経理処理が後回しになっていく。今までみたいに毎月税理士に資料を送る必要もないので、気づいたら何ヶ月分もの領収書の山になっていました。

12おどおど hiromasu

まぁ、両方体験してみてのってやつですよね。。。。

これはマズイ状況だなと思いましたが、自分で整理する時間も勿体無い。そこで、経理処理を丸投げしてできる記帳代行サービスというのをネットで見つけて、すぐに申し込みました。しかし、領収書をぺたぺた張る必要がないのと、価格が比較的安いという以外は、私が以前利用していた税理士の時と、私がやらなくてはいけない手間は変わりませんでした

この時一番問題だったのは、お店の売上は毎日上がるのに、その月の会計資料が出来上がってくるのは、翌月の中旬ということ。丸投げできるから経営者にとっては手間が省けて本業に専念できる時間が生まれるので便利に思えて実際は、数字の確認がどんどん遅れて、全く経営に役立たないサービスだと分かりました。

04 ショックhiromasu

まぁ、記帳を安くアウトソースするだけだから、コストにあったサービスといえばそれまでですよね。ところでいきなりリラックスしましたねぇ。。。ポテチ食ってる。。。。

こういう話はリラックスした方がいいかなって♪で!お店をやっていると、気になるのは、毎日の売上、経費、来店人数、リピート率、売れているメニューの把握とキャッシュフローです。結果として、自分が把握したいものが分析できるように、オリジナルのエクセル表を作成して、毎日閉店後に入力をしていました。計算式も簡単なものしか分からないですし、エクセルのプロではないので、数字を入力するけど、分析するための表をまた別に作ったりして、なんだかんだすごく時間がかかっていました。もうひとつ問題だったのは、お店の経営状況を把握するためのエクセルと、税務署に提出する書類は別ものだということです。

00 基本2 hiromasu

それで全自動クラウド会計ソフトfreee(フリー)に辿り着いたってことですか?

そうなんです。それでfreee!最近はインストール型のソフトを購入するのではなく、クラウド型で無料で使えるサービスがあると友人に教えてもらって、freeeと出会うことになったのです。クラウド型の会計サービスはいくつかあったのですが、freeeが一番おしゃれで格好よくて使いやすい印象を受けました。

18否定 hiromasu

確かに、エステ店の経営者は会計ソフトもスタイリッシュな方がいいですもんね。

はい野暮ったいのはノーサンキューですね。freeeはツバメのロゴも可愛かったですしね。

20指差し hiromasu

そういえばツバメのロゴで思い出しましたけど、ツバメの人形があるの知ってます?

freeeのぬいぐるみ

あー少し前にきてましたねぇ。freeeからのメールで!『経理をしている時間にそばに置いておくと、心がラクになるfreeeのロゴぬいぐるみ』かぁ。なんかずんぐりしてて可愛いですよねぇ!応募してみる予定ですよ

13サムズアップ hiromasu

まぁ40名だからなぁ狭き門だろうけど確定申告お疲れ様キャンペーンだから早めに申告して当たったら、見せてくださいね

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

↑上に戻る