voice04

お客様の声 Amazon販売 S.T様

※お客様の声はS.T様ご本人にいただきましたテキストをそのまま掲載させていただいております

業種

Amazon販売

依頼したサービス

丸投げ確定申告パック

依頼したサービスについての感想

廣升事務所に依頼した経緯〜クラウド会計ソフトに精通してる事務所に依頼したかった

私は、Amazonメインでネット販売を行っている個人事業主STと申します。確定申告手続きは今回で3回目(2014年度は白色、2015年度は青色)になります。過去の2回の確定申告作業は、いくらか簿記の知識もあったことから、自分自身で「MFクラウド確定申告」を用いて行っていました。過去の申告作業を振り返ってみると、MFクラウド会計の自動データ取込み機能を過信していたことや販売チャネルがほぼAmazonであることから、申告作業をり結構、甘く見ていたということもあって、作業開始は過去2回ともに3月に入ってから、正に尻に火がついてから始めるといった状況でした。「MFクラウド確定申告」の自動データ取り込み機能により手作業に比較して大幅に楽になっているとは言え、現金レシート分を追加入力したり、仕訳の勘定科目の扱いはどうするか?等々、作業や調べることも思った以上に多いのは確かで、申告提出期限前には、とても焦りながら、慌ただしい日々が何日か続きました。

今年は過去の反省から、できるだけ早めの作業を行う必要性を感じたことに加えて、今まで設定していたクラウド会計ソフトの環境設定(勘定科目等)を専門家に見直しをお願いをしたいという希望もあり、クラウド会計に強い税理士事務所をネット検索し、廣升先生HPにて、早速連絡を取り、実際に事務所まで足を運び、直接廣升先生と相談をさせて頂き、その場で2016年度の確定申告作業をお願いすることにいたしました。(作業上、顔を殆ど合わせないとは言っても、相性、人柄等は実際お会いしてみなければ、わかりませんので。)

実際の作業〜クラウド会計の権限付与等の初期設定とグーグルドライブ内での共有フォルダへの写真アップと現金データ明細の作成がメイン

先生とのやり取りは、グーグルドライブに確定申告用のフォルダフォーマットが用意されており、作業はこの中で行うことになります。また質問等は、ChatWORKを使って行ないました。実際に自分が行ったことといえば、まず、事務所への「MFクラウド確定申告」の権限付与やマイナンバー等の申告作業を行う上で必要な基礎データの入力を行った後、自動で取り込まれてくるデータの裏付けとなる通帳やクレジット明細写真やPDF等をアップ、またデータに取り込まれない現金等の支払いの明細データを作成(これが一番手間がかかりました。)するだけって言ってもいいほどです。

今回の実感として、「クラウドサービスってこういう風に利用するのね!」ということを実感した感があります。初めてグーグルドライブの便利さに気が付いたのも今回の満足度に含まれます。クラウド会計サービスを用い、そのデータをやはり同じくクラウド上で先生と共有作業することにより、情報の受け渡し等の時間効率性が物凄く高まるということを実感した次第です。

今回依頼して良かったと思うこと〜専門家にお願いする安心感と依頼希望にマッチングしていたこと

今回依頼して良かった点で言えば、疑問点、不明点は、ChatWORKで直接、廣升先生に質問ができ、先生から直接返信があるること、申告書類を専門家に精査した上で(自分自身でやると本当にこれでいいのか?と自問自答することになりますので)と作成できているという絶対的な安心感は何よりです。

今回初めて、税理士事務所にお願いすることになりましたが、クラウド会計ソフトにも強みのある事務所というのは、まだそう多くはないと思います。一方、クライアントのそれぞれ求めることや事業スタイルによってはマッチしにくい事もあるとも思ったのも確かです。全て現金で入出金を行なっている事業スタイルであればクラウド会計ソフトをそもそも使うメリットは少ないでしょうし、税理士先生から詳細なアドバイスを受けながらな会計処理作業をしたい方などは、廣升事務所方式ではあまりメリットを感じないかも知れません。

一方で、ネット販売を行ってデータが後から取り込める事業スタイルの方、決算申告書を作成するだけといった方にとっては、廣升事務所のやり方はとても親和性が高く満足が得られるのではないか。と言うのが今回依頼して強く感じたことです。

バナー

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

タグ: ↑上に戻る