voice006

お客様の声 安藤 貴明様

※お客様の声は安藤 貴明様ご本人にいただきましたテキストをそのまま掲載させていただいております

業種

インターネット小売業(amazonなど)

依頼の経緯

クラウド会計に強い方をネット検索して一番目にヒットしたため

依頼したサービス

個人確定申告、消費税の申告

依頼したサービスについての感想

私は、個人事業主としてインターネット小売業を営んでおり、廣升さんに税務申告をサポートいただくようになって丸2年です。出会いのきっかけはネット検索でした。創業初期の会計を自分自身でfreeeに登録していたこともあり、”地元の”税理士さんではなく、”freeeに対応してもらえる”税理士さんを探していたところ、すぐに知り合うことができました。

今までサポートいただいて感じる良い点は「各種クラウドサービスを活用しているため、場所の制限がなく仕事がとてもスピーディーであること」と「経営者として必要な数字の見方を学べること」です。

「各種クラウドサービスを活用しているため、場所の制限がなく仕事がとてもスピーディーであること」に関してですが、freeeの最大の特徴であるクラウドという機能は、skype、Googleドライブ、チャットワークなどその他のクラウドサービスとの相性も抜群に良いです。

直近の確定申告では一度も面会することなく(skypeでの打ち合わせ)必要書類を事前郵送することもなかったです(プリンターですべてスキャンしてGoogleドライブにて共有)。さらに申告前の最終確認においては、私は海外出張中(マレーシア)だったのですが、現地でskypeとgoogleドライブにアクセスできましたので何の滞りもなく打ち合わせができました。

私もインターネットを使った小売業を営む中で各種クラウドは日常的に使っていますので、仕事の進め方でストレスを感じたことは一度もなく、時間と場所に囚われずに仕事を進めることができるのはお互いにとって効率的でスピーディーなことであると自信を持ってお伝えできます。

またもう一つの良い点である「経営者として必要な数字の見方を学べること」ですが、自分でfreeeを扱う以上、登録していく中で会計について学べることはたくさんありますし、最初から最後まで廣升さんに対応いただくため、会計上よくわからない点を打ち合わせの時に直接聞くことができます。そのおかげもあって、つい先日の融資相談において、金融機関の担当者に自分の言葉で会計の説明をして信用していただけました。

さらに雑談の中では、法人にするタイミングなどの経営に関する相談にものっていただき、いつも納得させられることばかりで、自分には持っていない視点を学ぶことができています。

お世話になって2年が経過する中で現状にはとても満足しており、良い方と出会うことができたとしみじみ感じています。私と同じような個人事業主の方やフリーランスの方にはとてもオススメです。

これから法人化を目指して引き続き事業を拡大させていきますので、引き続き宜しくお願いします!

事業概要

umiwo

バナー

四大特典付きメルマガ会員募集中

廣升健生税理士事務所のメールマガジン登録フォームです。
こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介など、特典満載です。また不要な場合には即解除可能です。

【特典1】人材不足解決にはクラウド会計を導入すべき理由
2016年10月に㈱マネーフォワード様と実施した全国10ヶ所で開催した全国セミナーのスタジオ再収録バージョン(ダイジェスト版)です。

【特典2】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典3】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典4】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典5】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録フォームはこちらです

タグ: ↑上に戻る