inoue2

お客様の声 Tシャツブランド inink  井上薫様

※下記本文は、井上薫(いのうえ かおる)様ご本人に頂いたテキストをご了解を得てそのまま転載させて頂いております。

確定申告のなやみ

約7年前にフリーランスでグラフィックデザイン・Tシャツブランドの事業初めてから確定申告の事で悩み続けてきました。

最初の数年は会計を知っている友人に手伝ってもらい何日もかけて申告書の作成をしていましたが、通帳の情報、レシート、クレジット明細等を一つ一つ手で入力している友人を見ていていつも申し訳ない思いでした。

色々と説明をしてもらいましたが使っていたソフトも複雑でほとんど理解する事ができず、結局自分ではなにも分からないまま。書類の用意等もついつい遅れてしまいいつもギリギリで提出という状況でした。
Tシャツブランドの事業がだんだんと大きくなり会計業務がさらに面倒くさくなってきて確定申告のやりかたを見直そうと決心しました。

経理業務をクラウド化

その頃、場所を選ばない仕事の仕方をしたいと思っていたので、あらゆる事をクラウドで管理できるように色々なサービスを使い始めていました。
そんな中、確定申告だけは超アナログな作業をしていたのです。クラウドでもっと楽に確定申告をする方法が無いのかインターネットを探しているうちにクラウド会計がソフトfreeeに遭遇。

クラウド会計ソフトfreeeとの出会い

最初にfreeeを見つけたときには「これだ!これで確定申告も楽になるはず」と思い、早速無料登録をしました。ひと通りホームページの説明を読み、銀行口座やクレジットカード等の登録すると、自動的に沢山情報が読み込まれていきました。

ところが情報が読み込まれてから気がついたのですが、会計の事をほとんど理解していない僕にとってその情報をどう処理したらいいのかが全く分からなかったのです。色々な金額が色々な項目に表示されるのですが、それが正しいのか間違っているのか、どういう意味なのかすら分からない状態。仕方がないので取りあえず情報だけを読み込んでおいてまた確定申告の時に考える事にしました。

実際に確定申告の時期が訪れ、いつものように会計のわかる友人に手伝ってもらいました。freeeに変えたので少しは前より楽になるかと思っていたのですが、実際は逆でいつも以上に時間がかかってしまいました。従来の会計ソフトになれていた友人にはfreeeの使い方が分からなかったのです。せっかく入力を自動化したのに、細かい修正や使い方を調べる事に時間がかかってしまいまったく楽になりませんでした。

freee と MFクラウドをどちらも使ってみて

初めてのfreeeを使った確定申告はさんざんな結果だったのですが、会計の自動化を諦める事もできず、他社が提供するMFクラウドというfreeeに似たサービスに移行してみる事にしました。ホームページ等で調べた結果MFクラウドの方が従来の会計ソフトに似ていて使いやすいのではないのかという何となくの印象で移行をしました。

また、MFクラウドにはMFクラウド請求書というサービスがあったのも一つの要因でした。当時Tシャツブランドの顧客が増えると同時に請求業務がとても面倒になっていました。
EXCELでの請求書を作成でファイルの整理がとても複雑になり、請求業務の効率化も一つの課題になっていました。MFクラウドを使い始めてみて実感したのは、やっぱり使い方が良く分からないという事でした。

会計の事をあまり理解していない僕にとってはfreeeもMFクラウドも分からない事に変わりはなかったのです。結局MFクラウドの方も銀行口座、クレジットカードの登録をして自動読み込みをするまでにとどまっていました。

廣升健生税理士事務所との出会い

そんな状態の中、確定申告の時期は刻々と近づいていました。このままでは昨年の二の前でまた大変な思いをする事が目に見えていたので、freeeやMFクラウドを得意とする会計事務所に頼もうと決心。

そしてインターネットで調べてみるとMFクラウドのサイトで登録されている専門の会計事務所のリストに行き当たりました。リストの中の会計事務所のホームページを一つ一つ閲覧すると、ほとんどの事務所はクラウド会計に対応しているという事が簡単に載っているだけでそれ以上の情報がありませんでした。ところがある会計事務所のホームページに行くとfreeeとMFクラウドに関する情報が次から次へと載っているのです。

分かりやすい動画や画像も沢山あり普段からYouTubeとかを良くつかっている僕にとっては色々な事がすんなりと理解できました。動画にはカジュアルなポロシャツを着ている人が分かりやすい言葉で解説をしていました。それが廣升会計事務所の廣升さんだったのです。

その時に見た動画はこちらでした。

すぐに、廣升健生税理士事務所に電話をして話を聞いてみると、廣升さんのざっくばらんでストレートな感じがとても心地よく、MFクラウド・freeeに関する知識もとても豊富で全ての説明に納得がいきました。
早速、アポをとり後日直接お会いすると、さらに詳しい話をしていただきました。丁度夕飯時に伺った事もありそのまま居酒屋に行きご飯を食べながら色々説明していただきました。

廣升さんご自身とても合理的で古い考え方にとらわれない方で、いろいろな事を楽にして行こうという考え方が僕自身とピッタリ合致。なんと表現したらいいのか、思考回路が似ていると感じました。
確定申告だけでなく日々の業務に関する事を全て楽に合理的にする方法をたくさん教えてもらいました。

最初はMFクラウドを使うつもりで廣升さんの説明を受けて行くうちにMFクラウドでは自動化ができない部分等がいくつかある事が分かってきました。

そして請求書の管理もfreeeに対応した良いサービスがある事がわかり最終的にfreeeを使う事にしました。
freee →MFクラウド → freee と移行を繰り返し結局 freeeに戻りました。

以下が廣升さんから推奨されたサービスです。今では全て重宝しています。

——————————————————————
確定申告:freee
請求書:Misoca
レシート:Dr.Wallet
連絡:ChatWork
電話:Skype
——————————————————————

導入

廣升t健生税理士事務所に「freeeの初期設定」、「月々の顧問」をお願いする事にしました。

2014年11月ごろに初期設定を行い数週間後にはほぼ完了。必要な情報を全て先方に送りその後ほとんどの設定を行っていただきました。

その後設定の微調整を行ってもらい年末までにはほぼ完全に自動化が完了。その年の確定申告は驚く程楽になりました。自動化でほとんどの情報は既に入力済、いただいたシンプルな指示書通りに必要書類を用意し廣升さんに送り、その後ChatWorkで簡単なやりとりで最後の細かい修正、以上。1月中にほぼ完了してしまいました。

2015年度に入ってからはfreeeの設定が出来上がっているので特に考える事もなくほとんどの事が自動で入力されています。

請求書の処理もMisocaを使い始めたのでfreeeとの連携で簡単に計上できるようになりました。全ての業務管理がオンライン上でできるようになり書類がどこにあるのか分からなくなるなんて事もなくなりました。

領収書の管理はDr.Walletを使う事でレシートをスマホで写真を撮るだけ。数日に一回レシートがたまったら撮影、かかる時間はほんの数分。たまに分からない事があるとChatWorkで廣升さんに質問、だいたいの場合すぐに解決。

Misoca vs MFクラウド請求書

請求業務も以前から大きな課題で「MFクラウド請求書」と「Misoca」の両方を使い比較検証しました。

どちらもクラウド上で請求書を作成・管理・郵送のできるサービスで基本的な機能は似ていますがいくつか違いがあります。

MFクラウド請求書の利点の一つはMFクラウド確定申告に完全にシンクロしている点で、シームレスに情報が連動、例えば入金されると自動的にMFクラウド請求書にも反映ます。
また、品目が自動的に登録されるので繰り返し使う品目はいちいち入力する必要が無い事があげられます。難点は有料である事で月々¥3000近くかかってしまう事と、freeeと連携ができない事です。

Misocaの利点はfreeeを含め色々なサービスと連携が可能である事、また月額利用料が無料という事。その他、「回収保証」というサービスもあり定額の保証金で請求金額に保険をかける事ができる点等です。
難点はfreeeとの連携を請求書ごとに手動で行わないと行けない点です。トータルに検討して、今ではMisocaを使って大変満足しています。手動の登録も計上前の確認作業としてむしろ役立っています。
新規のクライアントとも「回収保証」を利用する事で安心して取引をする事ができますし、なにより、独立したサービスなので今後他のサービスとも連携できるという安心感があります。

freee ×顧問税理士

個人事業主としては会計業務が後回しになってしまい常に大丈夫かなという不安感を感じていましたが、freeeを廣升さんに設定してもらってから会計業務の事で悩む事は全く無くなりました。

また、freeeはリアルタイムで売上のレポート等を分かりやすいグラフにして表示できるので、もっと事業そのもののお金の事を考えるようになりました。freeeの使い方を覚える事で会計の事も少しづつ理解が深まってきたようにも感じます。
事業の規模も現在はそれほど大きくないので数万円の顧問料を使う程税務のリスクはないのですが、会計の事で専門家に聞きたい事はちょくちょくあるので、廣升さんの価格設定はとても個人事業主のニーズにマッチしていると思います。仕事柄、周りに個人で仕事をしている人が沢山いますが、よく確定申告の事で悩んでいるという話を聞きます。そんな時はいつもfreee+廣升会計事務所でお願いする事をお勧めしています。多くの場合会計事務所に頼んだ場合の費用等が気になるようですが、廣升会計事務所はかなりリーズナブルな上、悩みのタネが一つ無くなる事だけでも十分に価値があると思います。
今では会計業務、確定申告に関する悩みはほぼゼロです。

もっとやるべき事に専念できるようになりました。

事業概要

名称:Tシャツブランド inink

URL:http://www.inink.jp/

バナー

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービス

廣升健生税理士事務所の個人事業主向けクラウド確定申告サービスです。
丸投げはもちろん決算のチェックのみ、自力で確定申告を行いたい方まで、幅広くサービスを提供しています。
ぜひ、ご検討下さい。

サービス内容はこちら

タグ: ↑上に戻る