28適切な勘定科目が出ない時は 【テキスト】

適切な勘定科目が出ない時は。
自動で経理にしろ、取引の登録にしろ、勘定科目の設定をするときに、通常は勘定科目は自分で設定したいものが出てくるのですが、イレギュラーな勘定科目を設定したいときは、クラウド会計ソフトfreee(フリー)の検索にかからない勘定科目が出てくる場合があります。
その場合には、勘定科目の設定というところから、勘定科目の一覧というものがありますので、ここで設定をするということになります。
適切な勘定科目が出ない時は。
freeeで自動で経理や取引の登録をすると、別の動画でも解説した通り、一覧が出てきたり、あるいは検索をすると、そこで勘定科目が出るようになっているのですが、出てこないという場合もあります。
その場合には、勘定科目の設定というところから、出てこない2つの理由。
1つは、まったくfreeeに登録されていない勘定科目。
この場合には、新しい勘定科目を登録していく。
あともう1つは、freeeには登録されているが検索に出てこない場合。
この場合には、検索に表示というところにチェックをしていくと検索に出てくるということがあります。
ここは売掛金のところをチェックしていますが、売掛金などというのは通常の検索のところでチェックがされていません。
ですけども、前期末に売掛金の残高があって、当期に回収されるなどということもよくあると思いますので、この勘定科目の設定の検索というところをチェックするということを知っておいていただくととても便利だと思います。

ブログ村誘導タイル

二つの有料コンテンツを完全無料開放いたします

廣升健生税理士事務所で販売中の有料コンテンツを、メルマガ登録者の特典として無料配布いたします。
無料配布するのは、【freeeで経理を全自動化する動画】と【ワンクリックオペレーションのススメ】の動画コンテンツです。

無料化の理由とメルマガ登録はこちらからです

↑上に戻る