報酬を払う際に相手の源泉を差し引く必要はあるのか?

報酬を支払う側の場合「自分は源泉徴収をする義務があるのか?」を判定する必要があります。
まずは、支払先が法人か個人かで判断をします。

「源泉所得税を徴収する必要はある?」を判断するには

報酬を支払う側の場合、「源泉徴収をする義務があるのか?」を判定する必要があります。下図のフローチャートを参照して頂きたいのですが。株式会社などの法人は源泉徴収義務者に該当します。
個人の場合は、アルバイトなど定期的に給与を支払っているなど一定の要件を満たす個人に限られます。

freeeで全自動化マニュアル クラウド会計ソフト MFクラウドで全自動化マニュアル_ページ_17
源泉徴収義務者に該当する場合、月末までに発生した報酬に対する源泉所得税は、翌月10日までに納付することが原則です。但し特例納付の届け出をすると、半年分の源泉徴収税を1月か7月に一括で納付することもできます。※一部の取引に限ります

同じ報酬でも源泉の有無は異なります

源泉徴収の有無を判断するケースを整理すると
●支払う側が源泉徴収義務者に該当する
●かつ源泉徴収の対象となる取引
上記のみ、必要ということになります。

例)イラストの作成業務を行った場合

●支払う側が法人の場合
源泉徴収(現在は10.21%※復興所得税含)の源泉徴収を差し引いての支払う必要があります。
●源泉徴収の義務のない個人に該当した場合
報酬の全額を相手先に支払えば良い、ということになります。

クラウドソーシングの源泉徴収はどうなるの?

クラウドソーシングを利用した取引では、クラウドソーシング会社・発注者・利用者という三者が存在します。この場合、クラウドソーシング会社はあくまで【業務の仲介者】になり、当事者ではありません。従って源泉徴収の手続きは、発注者と利用者間で行います。

freeeで青色申告02

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

四大特典付きメルマガ会員募集中

廣升健生税理士事務所のメールマガジン登録フォームです。
こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介など、特典満載です。また不要な場合には即解除可能です。

【特典1】人材不足解決にはクラウド会計を導入すべき理由
2016年10月に㈱マネーフォワード様と実施した全国10ヶ所で開催した全国セミナーのスタジオ再収録バージョン(ダイジェスト版)です。

【特典2】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典3】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典4】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典5】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録フォームはこちらです

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る