源泉を差っ引かれた時の考え方とfreeeの登録

「源泉徴収とは何なのか?」源泉徴収された売上げは、クラウド会計ソフトfreee(フリー)でどのように登録すれば良いのでしょうか?その方法について解説します。

源泉所得税と源泉徴収

個人事業主は、法人等との一定の取引に対して報酬が発生した場合、源泉所得税という税金を徴収する必要があります。

源泉徴収とは?

源泉徴収というのは所得税の前払いのことを言います。

例えば皆さんが報酬を受け取る時、売上金額から源泉所得税を差し引かれた金額が支払われますよね。この時に徴収された源泉所得税は、相手先(支払側)が、皆さんの代わりに納付をします。この場合、源泉徴収された所得税は確定申告の際に、1年間の儲けから計算した納めるべき所得税額から、源泉徴収されている税額を控除して申告をします。

freeeで全自動化マニュアル クラウド会計ソフト MFクラウドで全自動化マニュアル_ページ_15

freeeでの入力方法について解説します

源泉徴収が生じる取引については、下の図のように入力します。図からも分かるように、会計の処理はその実態を入力する必要があります。この時の取引としては、源泉徴収(皆さんが前払いする所得税)される代わりに、相手先が所得税を振り込んでくれていることになります。
実質的なお話をさせて頂くと
1.売上に対する報酬を全額もらいます
2.その売上一部から皆さんが所得税を前払いしている
ことになります。その為freeeの登録ではその実態を正確に記入する必要があります。契約上【本来もらうべき売上金額】と【前払いした源泉所得税】を登録しましょう。

freeeで全自動化マニュアル クラウド会計ソフト MFクラウドで全自動化マニュアル_ページ_16

源泉徴収される主な取引について

源泉徴収の対象となる取引とは、所得税法という税法によりきちんと定められています。
例えばデザインやライティングなど、自身の技能に対して発生する報酬は源泉徴収の対象となるケースが多いです。尚【対象となる取引】や【その取引の内容】ごとに源泉徴収する税率も異なります。
こちらについては、国税庁のWebサイトなどで確認することをオススメします。

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る