未回収の仕訳だってfreeeが自動で登録してくれます

未決済取引の登録も、仕訳が計上されます

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の【自動で経理】では、自動同期などで【取引の明細】を取り込み、預金通帳等の金額の増減を前提として取引を登録します。この場合は【決済された金額】に対しての【取引の登録】ですが、取引の登録画面から【未決済の登録】をする場合や【請求書の発行機能から取引を登録する】場合も、複式簿記による【仕訳】によってデータが登録されています。

【未決済の取引の登録(下図)】や【請求書の発行の登録】が【自動で経理】と異なる点は次の通りです。日付・取引の内容(相手先)・取引金額といった【自動で経理】なら、取引の明細データから自動的に入手される情報を、手動で入力しなければならないという点です。これはまだ決済が行われていない取引を登録する為です。
もちろん【請求書の発行機能】を使えば、請求書の発行作業で入力したデータを元に取引登録がされます。登録の二度手間を省く意味でも【請求書の発行機能】を使うことをお勧め致します。

全自動化マニュアル図解 クラウド会計ソフト freee MFクラウド 作成廣升健生税理士事務所182

freee上の消込作業で、一連の仕訳を簡単に完了させることができます

会計処理で面倒な点は、未決済取引の計上作業(freeeでいう【取引の登録】)と、そのあとに入金などがあった場合の【消込作業】になります。
freeeでは【未決済取引を登録】した時の内容と合致する入金取引があると、未決済として登録されている取引の明細を【消込候補】としてピックアップしてくれます。freeeの作業としては、この合致候補を【登録】するだけで作業が完了します。
実際には下図のように、未決済時に登録されている【売掛金との相殺仕訳】が登録されるということになります。

全自動化マニュアル図解 クラウド会計ソフト freee MFクラウド 作成廣升健生税理士事務所184全自動化マニュアル図解 クラウド会計ソフト freee MFクラウド 作成廣升健生税理士事務所186 - コピー

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , , , , ↑上に戻る