freeeとグーグルドライブは相性抜群

Googleドライブは攻めのストレージサービスである!

会計ソフトをクラウドするのであれば、運営していく上で生じてくるファイル管理も同様に、共有できる環境を整えるとより効果的です。その場合におすすめするのが【Googleドライブ】です。Googleドライブについては、オンラインのストレージサービスとして既に使用している方も多いと思います。【データの保存のみ】のサービスであれば、Dropboxの方が、細かい点で使いやすいというのが私の印象です。ただそれでも【Googleドライブ】をおすすめしたい理由は、Googleドライブにはオンライン上で操作できる独自のオフィス系ソフトがあるからです。
MFクラウド 対応 税理士0000

上記図をご覧頂くと分かりやすいのですが、【Googleドライブ】ではソフトを常に情報を共有しながら作業を進めることができます。その為【Dropbox】があくまでデータの保存に特化している【守りのストレージサービス】であるのに対して、【Googleドライブ】は進行形のビジネスを円滑に進めることも出来る【攻めのストレージサービス】であると言えます。

MFクラウド 対応 税理士0001

【Googleドライブ】と【freee】は、性質が似ています

そう考えると【Googleドライブ】と【クラウド会計ソフトfreee(フリー)】はデータを常に共有出来るクラウドという共通点があると言えます。従来の会計ソフトがあくまで発生した事象を記録するだけの【守り】の機能であるのに対して、freeeの場合は請求書の発行による将来の入金管理及びその後のマッチングなど、最前線のビジネスの流れを円滑にする為の機能が備わっているという意味で【攻め】の会計ソフトということが言えそうです。

まとめ

freee⇒最前線のビジネスの流れを円滑にする為の機能が備わっている【攻め】の会計ソフト
従来の会計ソフト⇒あくまで発生した事象を記録するだけの【守り】の会計ソフト
freee社の代表・佐々木大輔氏は元Googleの方ですが、やはり会計ソフトにもプロダクト開発哲学がGoogleのサービスと近いと実感します。

MFクラウド 対応 税理士0003

廣升 健生/大島 克之

 ブログ村誘導タイル

全国でセミナーを開催させていただきます

10月11日から全国10ヶ所で㈱マネーフォワード様との共催でセミナー【埋もれた人材活用のススメ!人材不足に悩む会計事務所こそMFクラウド会計を導入すべき理由】をさせていただきます。
そもそも、会計業界はなぜ人材不足なのか?その本質的な理由を考えていくと、やはり【クラウド】というキーワードは避けて通れません。
セミナーでは、廣升健生税理士事務所のクラウドツールやクラウド会計を活用して効率的な事務所運営のノウハウを余すところなく公開いたします。
ぜひ、ご参加いただければ幸いです。

全国セミナーで伝えたいこと【会計業界人材不足の本質的理由とは】はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る