freeeは4人程度で活用してみよう

共有機能を使い法人の業務を自動化する方法【ケース2】

各人が持っているデジタルデータをいかに効率よく引き渡して、加工⇒取り込み⇒登録までを行なうかが、クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使いこなす重要なポイントになります。そのポイントを考慮して4人程度でfreeeの共有機能を使いこなす例をご説明します。

ケース2)社長とスタッフ数名+専門家で共有

社長【A】スタッフ【B】総務全般スタッフ【C】専門家【D】の場合

freee フリー0005

実質的な経理は、専門家に丸投げしてしまうケース

社長をはじめとしたスタッフが数人いるケースでは、各人がfreeeを使う上での役割を分担を最初に決めます。

例えば預金通帳やクレジット明細のアップデートまでは【C】が行います。すでに【自動同期】によりfreeeに取り込まれている取引はそのままで良いのですが、独自の管理システムのデータや、その他の明細などについてはCSV形式のファイルなどで、明細データをアップロードする作業が必要になりますので【C】はその作業を担当します。

また数人規模の会社のケースでは、売上や原価の管理は社長【A】が自ら行っているケースが多いですから、【A】が管理している表計算ソフトのデータを【D(専門家)】が加工してデータを取り込みます。

さらに社長をはじめ各スタッフの経費精算についても、多くの場合が社内の経費精算時に使う表計算ソフト等で作成した経費精算表がありますから、【C】がそのデータをCSVデータに加工してfreeeにアップにします。

このケースもケース1と同様に、freeeの【取引の登録】に伴う作業は専門家が行います。

まとめ

●売上や原価関係は社長【A】から専門家【D】へ
●【A】や【B】が使った経費等の他明細は、総務全般の担当者【C】が集める
というように、各人が持っているデジタルデータをいかに効率よく取引登録に伴うデータとして集めるかが重要です。
そして引き渡し⇒加工⇒取り込み⇒登録をいかに効率よく行なうのかが、経理業務の全自動化へ向けた重要なポイントになります。

 

 

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

廣升健生税理士事務所のメールマガジン登録を大募集中です。
こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介の配信をさせていただきます。

また登録いただくことで下記特典がございます。ぜひご登録ください
【特典1】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典2】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典3】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典4】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録はこちらのフォームからお願いいたします

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ↑上に戻る