freeeを複数人で使ってみよう

freeeはデータ共有が可能!共有に伴う4つの権限とは

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は複数のユーザーで管理や閲覧することができます。
freeeを共有するには【招待】をする必要があり、その際に共有する範囲を限定できます。
freee 対応 MFクラウド クラウド会計ソフト 廣升 税理士_ページ_08
freee 対応 MFクラウド クラウド会計ソフト 廣升 税理士_ページ_09

共有機能の使い方は多種多様です

freeeはインストールが不要なクラウド系の会計ソフトです。オンラインの環境にあれば、デバイスを選ばずにかつ複数人での情報共有や入力、修正作業が可能です。複数人でfreeeを使う為には、freeeを共有したい相手のメールアドレス宛に【招待状】を送ります。招待する際に「招待する相手に、どのような作業を行ってほしいか?」を、4つのレベルから権限の指定ができます。また、権限は後から変更することも出来ます。

共有機能を有効に活用する為の4つの権限

1.管理者:全ての操作が可能
2.一般 :決算整理等の作業以外
3.取引登録のみ:取引の登録のみ可能
4.閲覧のみ:取引の登録等の閲覧のみ
標準プランでfreeeを利用している場合、招待できる人数が3人までというのが基本です。さらに複数人数で利用したい場合は、1人あたり300円の料金で追加招待ができます。また招待する共有者がfreeeの認定アドバイザリーであれば、招待をしても基本の3人の中にカウントされません。

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , , , , ↑上に戻る