freeeで資金繰りをチェックしよう

事業を運営する上で最も重要な要素【資金繰り】とは

資金繰りとは、事業を運営する上で「必要な資金がうまく回っているのか?」また「今後もまわることが見込めるのか?」を手許現金と収支(入金-支出)の状況を考慮して予測しながら支払業務を円滑に行うことを言います。
一般的に資金(=現預金)が潤沢にあって、仮に「1年以上収入がなかったとしても支払に問題がない!」という方は、気にする必要はありません。しかしフリーランスの方は特に、事業資金が潤沢にあるケースは少ないです。入金と支払のタイミングによっては資金ショート(=黒字倒産)するリスクを抱えながら、事業を運営しているケースが多いとされています。
freee 対応 MFクラウド クラウド会計ソフト 廣升 税理士_ページ_05

事業運営の基本事項【資金繰り分析のポイント】

意識すべきは【手許現預金の残高】です。
目安として「毎月の支払金額の2~3ヶ月分があるかどうか?」と行ったところになります。これがないと不安に思った方が良いかもしれません。資金繰りを改善するもっとも簡単な方法のひとつをご紹介します。
”入金サイトを支払サイトより早くすること”です。
これは当然のようにも聞こえますが、これができていない会社を結構目にしてきました。例えば-
●入金サイトを翌月末入金
●支払サイトを翌々月末支払
こうするだけで、劇的に資金繰りは改善していきます。
そして最後に”融資を前倒しで返済しないこと!”これも重要です。
資金的な余裕(1年以上の支払見通しが立つほどの現預金がある)場合には、利息の支払いが軽減されるため返済をお勧めします。しかしそうでない限りは「手許の現預金をあえて減らすこと」は、資金ショートを起こす可能性を高めることにもつながります。

廣升 健生/大島 克之

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

廣升健生税理士事務所のメールマガジン登録を大募集中です。
こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介の配信をさせていただきます。

また登録いただくことで下記特典がございます。ぜひご登録ください
【特典1】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典2】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典3】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典4】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録はこちらのフォームからお願いいたします

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ↑上に戻る