freeeでの勘定科目の設定はあまり考え過ぎないが◎

自動で経理に必要な機能【勘定科目の登録】

【自動で経理】を使い登録作業を行う際に必要な作業とは、【勘定科目】を設定する作業です。
この作業については下のキャプチャーを見て頂くとイメージしやすいと思います。該当する収入や支出について簡単な解説も添えられていますから、一般的に知られる取引については迷うことなく登録が出来ます。コメント欄には不明な内容などを記載しておき、解決を図るようにしておきましょう。
[freeeで全自動化マニュアル]図解079上の図はクラウド会計ソフトfreee(フリー)が基本的に用意している勘定科目ですが、この勘定科目に該当しない収入や支出がある場合は、【設定-勘定科目の設定】から、独自の勘定科目を設定することもできます。

新しい勘定科目を設定する時に一点だけ留意する点があります。
新規で登録した勘定科目は、下図の【検索】を選択するようにして下さい。

[freeeで全自動化マニュアル]図解081

 ※下記動画のテキストはこちら

分からないことは”チャットサポート”に聞くようにしましょう

不明な点、分からないことは基本的にワンポイントアドバイスで判断できます。しかしそれでも判断できない時の一番のお勧めは、チャットサポートに聞くことです。迅速かつ丁寧に教えてくれますから、快適にfreeeを使うことができます。

廣升 健生/大島 克之

[freee_ページ_29

※下記動画のテキストはこちら

freeeを使っていると質問できる人が少ない件

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

人工知能が発達したら税理士の仕事はなくなるの?
最近よく上がるこの話題。クラウド会計を日本一知り尽くした税理士が実務の現場から実感した回答と、生き残りの仕事術。
税理士試験をこれから目指すか思案中の方。税理士試験受験生。そして全てのビジネスマンに送る廣升健生税理士事務所一年ぶりの大型コンテンツです。ぜひご覧ください!

人工知能時代のサバイバル仕事術はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る