freeeで【取引の登録】の多用は愚の骨頂!

【取引の登録】この機能は最後の最後で使いましょう

3つ目の登録方法である【取引の登録】は、【自動で経理】【請求書を発行する】の2つの機能で登録出来ないような取引を登録する方法です。この機能は従来の会計ソフト同様に、一つ一つのの取引をクラウド会計ソフトfreee(フリー)内で入力する機能です。【取引の登録】を使うのは最後の最後だと思って下さい。イメージとしては、下のフローチャート図に従って考えてみて下さい。

取引の登録を多用することは、freeeを使いこなせていないことと同じです

【取引の登録】は全自動化できないものを仕方なく登録しているという意識を持ってください。下図のように、日々の取引明細をすべて【取引の登録】から行なうのであれば、従来の会計ソフトと同じことをしているだけです。これでは全ての取引を手入力する従来型の会計ソフトと変わりらず、freeeを導入する意味がありません。

洗濯に例えるなら・・・

【取引の登録】を多用することは『全自動洗濯機の使い方がわからない為一枚一枚洗濯板を使って洗濯しているのと同じ』というイメージを持って下さい。

[freee_ページ_28

※下記動画のテキストはこちら

11月に全国4ヶ所でセミナーを開催します。

大好評だった10月の全国セミナーに続き、11月も全国4ヶ所でセミナーを開催いたします。
今回は自主開催で、前回よりも更に事務所の効率化事例を細かく紹介いたします。
セミナータイトルは『会計事務所の生産性向上にクラウド会計は必要ない!?ワンクリックオペレーションのススメ』です。
せひ、ご参加ください。

セミナーの詳細はこちら

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , ↑上に戻る