請求管理と取引記帳が別は煩雑

ひとつの作業がつながっていないことが非効率の原因

freeeを使い、経理業務を全自動化

その詳細をご紹介する前に、経理業務が面倒と思う理由についてご紹介致します。
経理業務がおざなりになる原因とは、経理業務そのものが費効率という点が挙げられます。少し噛み砕いて説明すると”今行っている経理業務一つ一つがバラバラ”ということです。一つ一つの経理業務がつながっていないことで「なんか二度手間に思えるが・・・。」ということの積み重ねが、面倒に感じる原因なのです。

例)請求業務

請求業務を例に、一つ一つがバラバラの現状をご紹介します。
1.請求書の発行は表計算ソフトで行う
2.入金の確認
3.確認した入金(売上)を会計ソフトへ入力
請求業務とはこのように、大まかに3つの工程が必要になります。
本来であれば請求書を発行する段階で把握した
相手先が誰なのか
取引内容(請求する内容)は何か?
取引金額(請求金額)はいくらなのか
といった情報を改めて会計ソフトへ記帳する為、重複した手間が増えて面倒に思い始めます。
こうした作業を数社に渡って行うと、重複した手間は益々多くなるばかりです。

非効率は不正確を生む だから会計も不正確に・・・

請求業務とは、毎月最低限一回は行うものです。
先ほどご紹介した、請求業務の流れを振り返ってみましょう。
請求書の発行は表計算ソフトで行う
入金の確認
ここまでは皆さん、行っているはずです。
しかし・・・
確認した入金(売上)を会計ソフトへ入力
これは後回しになっていませんでしょうか?
この後回しが積もり、決算前にまとめて会計ソフトへ記帳する方は少なくありません。まとめて記帳する作業の最大の弊害は”ミスを生む”ことと言えます。その内容は正確性に欠け、経費に入れることが出来る書類の紛失などもあり、正しい決算ができなくなります。これは基本的な会計のルールである、発生主義や実現主義の原則に基づいた入力ではありません。例外的な会計処理である、現金主義に陥っているのです。このような会計処理を行い、結果的に青色申告の特典をミスミス受け損ねているというケースも多いのです。

廣升 健生/大島 克之

請求管理と取引記帳が別は煩雑 (youtube動画)

会計な無頓着なフリーランスは非常に多い件

ブログ村誘導タイル

人工知能時代のサバイバル仕事術

廣升健生税理士事務所のメールマガジン登録を大募集中です。
こちらのメルマガに登録いただくと廣升税理士事務所のコンテンツが発信された際にメール配信されるのはもちろん、
メールマガジン登録者様限定のセミナー情報やサービスのご紹介の配信をさせていただきます。

また登録いただくことで下記特典がございます。ぜひご登録ください
【特典1】freeeで経理を全自動化する動画(ライト版)
事務所のクラウド会計による自動化、効率化ノウハウを詰め込んだ【freeeで経理を全自動化する動画(全36回)】(24,800円~)のうちベーシックな論点を8つのコンテンツに絞り込んだライト版です。

【特典2】クラウド会計活用方法のセミナー動画
株式会社マネーフォワード様との共催セミナーです。クラウド会計を導入すれば誰でもハッピーかといえばそれは否です。
クラウド会計を正しく理解し正しい運用をしなければ効率化しません。
クラウド会計を使い200以上のクライアント様にサービスを提供した廣升健生税理士事務所の運営、効率化の為の提言セミナーです。

【特典3】人工知能時代のサバイバル仕事術体系図マップ
現在ブログで連載中の【人工知能時代のサバイバル仕事術】の思考整理の為の体系図マップです。

【特典4】パン屋が税理士になる方法PDF
元パン職人であるわたくし廣升が一念発起をして始めた税理士試験の合格勉強記です。
ホームページにアップした100以上の記事を再構成しスマートフォン等のPDFリーダー等で読みやくしました。
こちらのコンテンツの内容は、アマゾンの電子書籍にて1250円で販売しているものと同じものです。

メルマガ登録はこちらのフォームからお願いいたします

関連ページ
タグ: , , , , , , , , , , ↑上に戻る