人工知能が税理士の仕事を奪う

税理士になった時には仕事がない!?人工知能(AI)が士業の仕事を奪う

2014年は、クラウド会計ソフトfreee(フリー)やMFクラウド会計などの台頭により、「クラウド会計元年」等も言われました。そうして2015年、「クラウドの次は人工知能(AI:artificial intelligence)」と言われています。

ただ、今はクラウド会計ですが、これから税理士試験の勉強をはじめようとする皆さんが独立開業する7〜8年後には、人工知能の会計ソフトなどへの活用によって税理士の業務を大幅に縮小させていると思います。

 

ここで実際に起きている実例をご紹介しましょう。

現在アメリカの法律事務所では、人工知能の導入が進んでいるようです。

先日NHKで放送されていた「NEXT WORLD (ネクストワールド)私たちの未来」という、20年後の未来を想定した番組中で紹介されていました。

今まで大手の法律事務所では、弁護士の業務がピラミッド型になっており、法廷に立つトップ弁護士が使用する過去の判例等の法廷資料を経験豊富な中堅弁護士が用意作成し、その資料を経験の浅い弁護士がチェックする……という体制にありました。これが、人工知能を導入したことで、過去の判例等のピックアップ作業をその人工知能が代替するらしいのです。そしてこの代替する能力は、1台の人工知能で中堅弁護士6000人分とのこと。

その法律事務所では、中堅弁護士の業務は実質的に必要なく、人工知能がピックアップした判例データを下っ端弁護士がチェックし、その資料によってトップ弁護士が法廷に立つというのです。

 

こうした話は、そのまま税理士業界や、会計業界全体にも当てはまるはずです。

税理士も、弁護士が民法や会社法等の法律を扱うのと同様に、「税法」という法律を扱います。

そしてこの税法というのは税金の計算のやり方や取り扱いについて、できるだけ解釈の余地によって取り扱いが異ならないように、厳格に規定している場合がほとんどです。(もちろん所得税法の経費の考え方のように、包括的に規定している条文もありますが)

そうすると、上記の弁護士の業界に人工知能が導入されることと同様の事が、税理士業界に起きる。すると、税務訴訟の際の判例のピックアップはもちろん、経費に計上できるかの税務リスクの可能性のアドバイス等、これまで専門知識や経験が必要であった業務も人工知能に取って代わるはずです。

そうすると、第一段階としてクラウド会計ソフトの普及によって記帳代行等の帳簿作成の業務が縮小し、第二段階として人工知能の普及によって税理士の専門知識の業務も縮小していく世の中が待っていると想像できます。

そう考えると、テクノロジーの進化によって、会計の必要性はなくならなくても、会計業務に求められる業務やスキルは大幅に変わっていきそうです。

このように、社会がめまぐるしく変化している一方ですが、税理士試験という資格制度と資格取得に要する時間は、今のところ変わる気配はありません。

次はこんな会計業界で奮闘している ひとり税理士の独立開業奮闘記の話です

next4

又はここまでの話を聞いてそれでも税理士を目指すという、気概のある方は パン屋が税理士になる勉強方法を紹介します

panya

関連記事

Googleが会計ソフトを作ったら

クラウド会計ソフトfreee(フリー)登場以後の会計税務の形

目次に

税理士めざす2

それでも税理士めざしますか?他の記事

税理士試験は資格取得に時間がかかり過ぎる
税理士試験は、資格取得に時間がかかり過ぎる

税理士試験は、資格取得に時間がかかり過ぎる まず、これから税理士試験を目指そうという方に言いたいこと。 それ...

税理士試験意味あるのか前編s
税理士試験の試験勉強は、実務で意味があるのか?前編

税理士試験の試験勉強は、実務で意味があるのか?前編 前回の話で、税理士試験における試験勉強の期間は、相当長い期間を...

税理士試験の試験勉強は実務で意味があるのかs後編
税理士試験の試験勉強に意味はあるのか?後編

税理士試験の試験勉強に意味はあるのか?後編 前編はこちら  以前勤めていた税理士法人で、こんな話がありました...

国家資格の価値が著しく低下しているs
税理士という国家資格のブランド価値が著しく低下している

税理士という国家資格のブランド価値が著しく低下している 佐藤 留美さんの著書 【資格をとると貧乏になります】という...

負のスパイラル前編s
独立開業した税理士が失敗に陥る負のスパイラル 前編

独立開業した税理士が失敗に陥る負のスパイラル 前編 税理士に限らず、士業の資格勉強を初めるという場合、最終的に【独...

負のスパイラル後編s
独立開業した税理士が失敗に陥る負のスパイラル 後編

独立開業した税理士が失敗に陥る負のスパイラル 後編 前回に引き続き、税理士紹介サービスについて経験からお伝えします...

freee登場以後の会計税務の形前半t
クラウド会計ソフトfreee(フリー)登場以後の税理士事務所の業務の形 前編

クラウド会計ソフトfreee(フリー)登場以後の税理士事務所の業務の形 前編 廣升健生税理士事務所では、主にクラウ...

freee登場以後の会計税務の形後編t
クラウド会計ソフトfreee(フリー)登場以後の税理士の業務の形 後編

クラウド会計ソフトfreee(フリー)登場以後の税理士の業務の形 後編 前編で述べたとおり、freeeでは会計帳簿...

googleが会計ソフトを作ったらs
Googleが本気で会計ソフトを作ったら税理士の仕事がなくなります!?

Googleが本気で会計ソフトを作ったら税理士の仕事がなくなります!? クラウド会計ソフトfreee(フリー)が普...

人工知能が税理士の仕事を奪うs
税理士になった時には仕事がない!?人工知能(AI)が士業の仕事を奪う

税理士になった時には仕事がない!?人工知能(AI)が士業の仕事を奪う 2014年は、クラウド会計ソフトfreee(...

クラウド会計free関連のオススメ記事

freeeの使い方マニュアル
freeeで確定申告(青色申告)の為の使い方がわかるマニュアルです

freeeで確定申告(青色申告)の為の使い方がわかるマニュアルです 使い方 【会社の経理を全自動化する本...

00フリーランス1年目を代表してクラウド会計について税理士と話をしてきました
フリーランス1年目を代表してクラウド会計freeeについて税理士と話をしてきました

フリーランス1年目を代表してクラウド会計freeeについて税理士と話をしてきました フリーランス一年目。経理のわか...

税理士試験関係の別カテゴリーコンテンツ

エールと2
税理士試験に向けて-エールとその他もろもろ−

税理士試験に向けて-エールとその他もろもろ− この記事は去年書いたものですが、本質的な話なので、新着情報に掲載させ...

それでも税理士目指しますかs
それでも税理士めざしますか?目次とまえがき

それでも税理士めざしますか?目次とまえがき 税理士試験をすでに勉強している方には「少しでも参考にしていただき、一年...

目次とまえがき3
独立開業ひとり税理士によろしく-目次とまえがき-

独立開業ひとり税理士によろしく-目次とまえがき- -まえがき-クリックすると下にスライドします 目次 [Tag...

全国でセミナーを開催させていただきます

10月11日から全国10ヶ所で㈱マネーフォワード様との共催でセミナー【埋もれた人材活用のススメ!人材不足に悩む会計事務所こそMFクラウド会計を導入すべき理由】をさせていただきます。
そもそも、会計業界はなぜ人材不足なのか?その本質的な理由を考えていくと、やはり【クラウド】というキーワードは避けて通れません。
セミナーでは、廣升健生税理士事務所のクラウドツールやクラウド会計を活用して効率的な事務所運営のノウハウを余すところなく公開いたします。
ぜひ、ご参加いただければ幸いです。

全国セミナーで伝えたいこと【会計業界人材不足の本質的理由とは】はこちら

タグ: ↑上に戻る